« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ 「今大変気になることは、来年4000万人に達すると言われている外国人観光客誘致の前提である「福島隠し」が限界に達した時に起こりうる混乱のことです。事故処理に最大限の努力を傾注していることを世界が認めることなしに観光客の増加を求めることには限界があります。東京五輪との関係も気になります。海外では日本以外に移すことを求める運動も始まっております」―― ◎ 元スイス大使の村田光平さんが各方面への「メッセージ」で訴え! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ 「3・11」の巨大地震と「同時刻」に、「フクイチ」で直下地震が発生 ② ―― 当時、「1号機」の1階にいた元作業員が、証言 / 「無数の配管やケーブルのトレーが天井からバサバサ落ちてきた。4階にいた人たちは『水が大量にゴーと襲ってきた』と言っていた。それが使用済み燃料プールからなのか、非常用復水器が壊れたからなのか、その時はわからなかった」★ 1号機核燃プール、直下型地震で破壊された可能性が浮上!  »

2016-11-12

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ 「3・11」の巨大地震と「同時刻」に、「フクイチ」で直下地震が発生 ① ―― 元国立大学・地震研究者が指摘! / 「直下活断層が震源」 / しかも――「フクイチ直下」に「活断層」があることを、1960年代後半、「日本最大の公的研究機関、産業技術総合研究所活断層研究グループ」が、政府提出の報告に明記! ★ 「フクイチ」はやはり、「直下型地震」で「第一撃」をくらい、「津波」の前に破壊されていた!

 ★ 「フクイチ」を破壊したのは、直下活断層を震源とする直下型地震だった!

 しかも、「フクイチ直下」に活断層があることを、「産業技術総合研究所」が、日本政府に報告していたとは……!

 なんということだ!

          *

〔★は大沼〕  ◎ Asageiプラス  : 鳥取地震で再注目…「福島原発直下に活断層」驚愕レポートがあった!
 (7日付け)⇒ 
http://www.asagei.com/excerpt/69301

          *

Screenshot2904_2

Screenshot2906

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ◇ ところが、これまで報じられていないが、日本最大の公的研究機関、産業技術総合研究所 活断層研究グループが1960年代後半、国に提出したレポートには「直下に活断層あり」と明記されていたのだ。しかも「3.11」の事故直前、直下の活断層を震源とする地震が発生。原子炉崩壊はこれが原因だと主張する研究者も現れた…………。

 

          *

 ◇ 「直下型地震はもちろん、気象庁の地震計に記録されている。私がそれを知ったのは、東日本巨大地震発生直後でした。地震学者なら地震波を解析して気づいている人もいると思いますが、気象庁はそれを意図的に隠しているのかもしれない」

 こう語るのは、さる国立大学で長年、地震を研究してきた科学者である。

 「福島原発の直下地震は、巨大地震と同時刻に発生しました。巨大地震に誘発された、あるいは太平洋プレートのプレッシャーで活断層が動いたとも考えられる。地震による津波で福島第一原発の原子炉は崩壊したと言われていますが、私は直下地震のパワーで壊れ、原子炉の炉心が溶融してしまったと見ています」

 この科学者は東日本大震災後、産業技術総合研究所のレポートを読み返し、原発直下に活断層が存在することを確認。巨大地震と同時に直下地震が発生したことを確信したという。

Posted by 大沼安史 at 10:18 午前 |