« 〔南スーダンを「9条の墓場」にしてはならない! 自衛隊員の改憲利用は許されることではない!〕◇ 「日本軍(Japanese troops )」、南スーダンに到着! 「ピースキーパー(自衛隊の平和維持隊 peacekeepers )と交代! ―― 米政府放送(メディア)「VOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)」が報道! ★ これが米政府の認識だ! 今回の派遣部隊は「武器使用命令」を受けた「軍」であって、もはや「ピースキーパー」ではない、と!  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋に〕◇ トリチウムによる、二枚貝(ムラサキイガイ)のDNA破壊、海水温が高いほど(25度Cと15度Cを比較)早期に発動 / 逆に、DNA修復遺伝子は低温ほど増加 ―― プリマス大学など英国の研究チームが確認 ★ 地球暑熱化、原発温排水排出で日本の海も海水温が上昇してきた! もちろん、福島沖も! そこに「トリチウム未処理・汚染水」の大量継続垂れ流しが加われば、二枚貝だけでなく海洋生物のすべてが致命的な打撃を受けることになるだろう! »

2016-11-25

〔安倍首相の参院TPP委での「不可解」な答弁を――あえて「深読み」解読(?)すると……〕◇ 「米国に2人の大統領が存在することを世界に示してはならないとの考えを示していただいた」 ――この国会答弁がどうにも気になる。 ★ あるいは安倍首相は、トランプ氏との会談で、米国には「影の政府」を仕切る(もうひとりの)「影の大統領」がいてはならない、そういう「黒幕」の横暴を許さないでほしいと訴え、合意を得たのかも知れない……。こう考えるべき、かも。

Screenshot3109

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ★ 「影の政府(shadowy Governmen)」とは、ハワイ選出の日系2世、連邦議会上院議員、ダニエル・イノウエ氏(1924~2012年)が1987年に、レーガン政権下で起きた「イラン・コントラ事件」の調査委員会の長として述べた、有名な言葉だ! ( ⇒ こちら 

          *

 影の政府が存在している。自前の空軍、海軍を持ち、自前で資金を調達し、自分たちが考える国家利益を、なんのチェック&バランスもなく、法律からも逃れて追究している影の政府がある。

 [There exists] a shadowy Government with its own Air Force, its own Navy, its own fundraising mechanism, and the ability to pursue its own ideas of the national interest, free from all checks and balances, and free from the law itself.

          *

 ★ もしかしたら、安倍首相には、アメリカの、この「影の政府」に日本が愚弄され、威嚇され、攻撃されて来たとの認識があり、「9・11」事件を再調査すると述べたトランプ氏なら、分かってくれるのでないかと期待し、2人の会談で言及、トランプ氏から「同意」の言質を得たのかも知れない。

  トランプ氏は、米国の有名ジャーナリスト(陰謀論理論家)のアレックス・ジョーンズ氏と親しいとも報じられている人物でもある。(たとえば、⇒ こちら )

          *

 ★ 「影の政府」は強力だ。

 オバマも結局は、つぶされた。

 トランプ氏には、ロナルド・レーガンのような、「神がかり」的な変身と主導権の発揮を期待したいのだが……。

Posted by 大沼安史 at 05:35 午後 |