« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋に〕◇ カナダ西海岸(太平洋岸)、フレーザー川へのベニザケの遡上、史上最小に激減! / 220万尾の予想が85万3000尾にダウン! カナダ連邦政府が調査委を設置し、原因究明へ / ★ 地球温暖化による水温上昇が原因視されているが、同じカナダ西岸BC州、オカナガン湖のベニザケから昨年(2015年)夏、「フクイチ・セシウム134」が初検出されている! フクイチ放射能禍の恐れも否定できないのではないか。 | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋に〕◇ 台湾の政権党、「民進党」が主導権を握る13都市・郡が、「フクイチ被曝地」から「核災食品」の輸入禁止見直し問題で、共同声明 ① 福島県の食品の全面輸入禁止は継続 ② 群馬・千葉・茨城・栃木の4県産の茶・水、粉ミルク、飲料製品も輸入禁止を継続 ③ 4県産のその他食品は、産地・放射能検査証明のあるものだけ輸入を許可 ④ 日本・米国で販売禁止のものは、すべて輸入禁止を継続――の4原則を示す! »

2016-11-18

〔中性子線・電磁波照射兵器の実験・演習・使用を、許してはならない〕◇ 山口県の元高専教授、A先生(工学者)に対する中性子線照射(専用測定機で検出!)が激化している! ★ 日本は「核テロ防止条約」に加入、「放射線を発散させて人の生命等に危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律」という国内法を制定しているのに、どうして警察は被害確認に動かないのだろう? 国民に対する「核テロ」を、なぜ放置するのか?

Screenshot2998

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ A先生は自分のブログへのアクセスに対する妨害にも遭っている。

 薬剤のすりかえ被害(疑惑)にも遭っている。

 「中性子線被曝被害」をブログで公開し、支援・救済を求めて訴え出してから、自宅への忍び込み、電磁波照射などがエスカレートしている。

 「中性子線被曝被害」―― これはれっきとした「核テロ」ではないか!

          *

 ◎ A先生のブログ ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green

          *

 ◎ 「放射線を発散させて人の生命等に危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律」
 ⇒ 
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H19/H19HO038.html

 第3条  放射性物質をみだりに取り扱うこと若しくは原子核分裂等装置をみだりに操作することにより、又はその他不当な方法で、核燃料物質の原子核分裂の連鎖反応を引き起こし、又は放射線を発散させて、人の生命、身体又は財産に危険を生じさせた者無期又は二年以上の懲役に処する。 

 ◎ 核テロ防止条約 ⇒ http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/shomei_14.html

          *

  山口県のA先生同様、岡山県真庭市在住の物理学者、中西孝充さん(元岡山大学)も「中性子線被曝被害」を中性子線専用測定機で検出・確認し、測定場面・測定数値画面をビデオ撮影するなどして証拠保全しながら、ツイッターなどで訴え続けて来た。

 ◎ 中西先生のツイッター (このツイッターから、中西さんのブログに飛ぶことができます)
 ⇒ 
https://twitter.com/tthdt960?lang=ja

 中西先生は、ことし4月28日のツイッターを最後、音信不通(ツイッター中断)という事態になっている。

 心配です。

 以下の写真は、中西先生の中性子線被曝被害と測定値です。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2994

Screenshot2996

Screenshot2997

Screenshot2995

Posted by 大沼安史 at 01:36 午後 4.電磁波被曝問題 |