« 〔空から歌が聴こえる〕 ♪ To The Stars  Applewood Road | トップページ | 〔電磁波照射兵器の実験・演習・使用を、許してはならない〕◇ 「マイクロ波聴覚効果を応用したマイクロ波通信、及び、音声対話システムが開発された経緯、この通信技術が悪用される目的などについて」 ―― ◎ 23日に東京(氷川区民会館)で「マイクロ波勉強会」 : 講師は東大工学部卒、米国イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で博士号を取得(電子情報通信学会・会員) ★ 専門家による啓蒙講座、継続開催中! »

2016-11-10

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ 小学校2年生の夏(2011年8月)、「@福島」から横浜市の市立小学校に転校 名前に「菌」をつけて呼ばれ、暴力をふるわれ、一時的に不登校に/ 5年生のとき、「賠償金をもらっているだろうと」と因縁をつけられ、ゲーセンで5~10万円を10回、せびり取られる――横浜市教委・第3者委がいじめと認定する報告書 ★ 被曝地・ヨコハマ、「浜のいじめっ子」は「フクイチ放射能雲」が自分たちを襲ったことも知らず、福島から避難してきた子をいじめ、いびり、せびっていた!

 ★ 「フクイチ」プルーム(放射能雲)は東北・北関東だけでなく、横浜も襲っていた!

 横浜市教委はその事実を、子どもたちや父母に、ひた隠しにしたのではなかったか?

          *

 横浜は、フクイチ被曝地なのだ。

 その被曝地で起きた「放射能いじめ」。

 被曝の事実をこどもたちに知らせず、結果的に、避難してきた子どもに「差別」の目を向けさせた、学校側にも責任があるだろう。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 (★ 写真は、新横浜で撮影された「フクイチ放射能雲(プルーム)」!

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot2872

Screenshot2873

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

Screenshot2874
〔★は大沼〕 ◎ 毎日新聞: 福島避難 中1男子いじめで不登校に 転校先の横浜で
 (9日付け)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20161110/k00/00m/040/069000c

          *

 ◎ 関連 ユーチューブ : 2011年3月15日、フクイチ・プルーム、横浜を襲う! 新横浜で撮影、動画(15日に撮影し、16日にアップ?――の動画)
 ⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=3qUKm-uGaMA

 ◎ 同 : 〔フクシマ・ダイアリー〕 2011年 3・16 「黄色い雲」が 横浜を襲った! 新横浜上空の撮影映像(動画)にその不気味な姿が! 当日の午前11時~午後1時の空中線量値に謎の空白
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2013/01/post-8476.html

 ・ 神奈川新聞 「横浜で空が煙ったような現象、原因や成分は不明/神奈川」
  2011・3・16付け → 
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1103160014/

 カナシンはこう報じていた。

  ――16日午後1時ごろ、横浜市内の一部で空が煙ったように見える現象が起きた。/ …… 「北風が急に強まったときに、(煙ったような現象が)北のほうからゆっくりと下りてきた。成分を分析していないので分からない」。範囲も不明という。/ この現象について、同気象台には、20件前後の問い合わせがあったという。

          *

 ◎ 同 : 2012-03-30 ★ 横浜市 小中学校18校の雨水貯水槽から放射性物質 /トイレ水洗利用を停止/鶴見区の末吉小でキロ1万6800ベクレルの放射性セシウム
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/03/post-b43e.html

 ◎ 同 :2016-06-23 ★ 横浜市の小中学校など17校で、8000ベクレル超の死の灰・汚泥が、いまなおドラム缶内から、放射線を放っている! 環境省が無責任放置! / 元女子アナ環境大臣は、反放射能派といわれている人たちのせいだなどとと言わないで、ただちに回収作業に赴きなさい!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/06/post-e206.html

          *

 ◎ 同 :2016-06-28 ★ 2011年3月15日、東京に降り注いたフクイチ・死の灰の大半が、微粒な「ガラス状の煤(すす 'glassy soot')」――で降下! 水溶性と言われたセシウムも、水(雨、流水)に溶けた姿ではなく、「不溶性ガラスの微粒子(non-soluble glass microparticles)」に取り込まれるカタチで! ★ 「溶けて流れて消えてくれず」 東京でも表土剥ぎなど「物理除染」が必要? 呼吸摂取の不溶性セシウムで生物半減期、(内部被曝)長期化の恐れも。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/06/glassy-sootnon-.html

Posted by 大沼安史 at 09:23 午後 |