« 〔DEW(指向性エネルギー照射装置)による電磁波照射攻撃(スロー・キル)を許してはならない!〕◇ DEWによる報復照射を受けているNSA(米国家安全保障局)の元言語スペシャリスト、カレン・スチュアートさんがツイッターで同時進行被害報告! ★ 駐車中の運転席から、照射受ける! 携帯DEW(w/DEW)とは、けっこう小型でポータブルなものらしい! 日本でも、こういうのが出回っている……わけか?  | トップページ | 〔電磁波マインドコントロール、許すまじ〕(あくまで、可能性の問題として、提起!) ★ あの植松聖容疑者は、「洗脳暗殺戦士(マンチュリアン・キャディデット)」ではなかったのか? ◇ 元ミネソタ州知事(米海軍特殊部隊シールズ元隊員、元レスラー)、ジェシー・ヴェントゥーラさんのこのTV調査報道、"Manchurian Candidate"(2010年1月6日放映、デイリーモーション)を観て、ふと、そんな気がした! »

2016-10-03

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の真実〕★ 安倍政権、重大原発事故での「有限責任化」を求める「電力業界からの……声」も「強まり」に応え、内閣府・原子力委員会に「専門部会」を設け、「集中審議」を開始! 「有限責任」を応えた分は国民が税・電気代上乗せで負担! ★ フクイチではすでに「6兆円」もの国民超過負担が生じている。原子力ムラは「有限責任」で救い、国民には「無限責任」を押し付ける狙いだ!

★ 「専門部会」の有識者たちは、年度内に結論を出す(ようクギを刺されている)。

  なぜ、そんなに急ぐのか?

  再稼働原発などでの事故を予測? それとも、日の丸原発、海外輸出の売り込み支援?

Screenshot2447

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 安倍政権は得意の「落とし前」を、またも、「国民へのつけ回し」で済ませるつもりのようだ!

 安倍政権に言わせれば、原発は「安全でクリーンで安い」エネルギーであり、もう絶対に、2度と起きないのだから、別に「無限責任」のままでもよいはず。

 それを変えるとは……、「次のフクイチ級大核惨事」の発生を予期しているからだ。

  そしておそらく、原発海外輸出を促進するため、「日本の原発には、事故時の政府保証・日本国民肩代わり補償がついてます」との、「決めセリフ・セールス・トーク」を言いたいからだ?……

           *

〔★は大沼〕  ◎ 朝日新聞デジタル : 原発事業者の事故賠償に上限案 超えた分は国民負担も
 (2日つけ)⇒ 
http://digital.asahi.com/articles/ASJB15FM9JB1ULFA008.html?rm=318http://digital.asahi.com/articles/ASJB15FM9JB1ULFA008.html?rm=318

Posted by 大沼安史 at 08:14 午前 |