« 〔フクイチ・スーパー核惨事〕◆ 「放射線の影響は考えにくい」に疑問 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表 / 清水一雄部会長(日本甲状腺外科学会前理事長 甲状腺の内視鏡手術の第一人者): 「検討委が3月にまとめた「放射線の影響とは考えにくい」との中間報告に疑問を感じ、「部会長の立場では自分の意見が言えない」と辞任を決めたという! ★ 「フクイチと無関係」神話の虚構が崩れ出した! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋に〕◆ フクシマ(二本松)を行く列車の車内は、0,353 µSv/hour  / 英文記事で国際社会に拡散報道! ★ 日本を代表する作曲家、古関裕而さんは福島市の出身だ。あの『♪ 高原列車は行く』も、古関さんの作品! そして…… 安達太良山麓を行くふるさと列車もまた、放射能列車にされてしまった! »

2016-10-24

〔★「私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから。まるで私が言ったかの如くのですね発言は慎んでいただきたい」と国会答弁した安倍首相は、「官邸では福島県産のコメをいただいている。牛乳とヨーグルトも食べているので、風評被害払拭の意味で協力できるなら、これからも食べたい」とも答弁したが、農水省の「食べて応援」実施官庁紹介リストに、「首相官邸」の「応援」ぶりは、いまだに記載されていない!〕

Screenshot2659

Screenshot2660

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

4 ★ 「TPP反対」を掲げ、選挙に勝ったことは、もはや過去のことだから「完全忘却」で済ませようとする、その「動機」は分からないでもないが、官邸で毎日、福島産のコメ・牛乳・ヨーグルトを食べていることくらい、いくらなんでも覚えているはずだから、「官邸で毎日、食べてる」は、きっと本当のことだろう!

 農水省の紹介ページへの記載がいやなら、官邸のHPに、詳細メニューつきで、毎日、掲載すべきだ!

 「首相官邸食堂は毎日、フクシマを食べて応援!」――福島の農業者・漁業者らも、安倍政権の意気にこたえて、安全な100ベクレル未満の旬のものを連日、官邸へ届けてくれるだろう!

          *

〔★は大沼〕 ◎ 農水省「食べて応援しよう」取り組み事例
  ⇒ 
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/eat/tabete/syokudo.html

          *

 ◎ 産経新聞 : 安倍首相「福島産のコメも乳製品も毎日食べている」 
 (2016年3月7日付け) ⇒ 
http://www.sankei.com/politics/news/160307/plt1603070019-n1.html

 ・  安倍晋三首相は7日の参院予算委員会で、東京電力福島第1原発事故の風評被害対策として、福島県産の牛乳やヨーグルトを毎日摂取するよう求められ「官邸では福島県産のコメをいただいている。牛乳とヨーグルトも食べているので、風評被害払拭の意味で協力できるなら、これからも食べたい」と述べた。民主党の増子輝彦氏に答えた。

          *

 ◎ BIGLOBEニュース : 安倍晋三が今度はTPPで「反対と言ったことは一回もない」と大嘘答弁! マスコミはなぜ安倍の嘘を放置するのか
 (同年4月8日つけ)⇒ 
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0408/ltr_160408_5482709764.html

 ・ またしても安倍首相がお得意の二枚舌を披露した。昨日、衆院TPP特別委で、民進党・柿沢未途議員から「かつては断固反対と言っていたTPPに活路を見出そうとしているのではないか」と質問された安倍首相は、平然とした表情で、こう言い放ったのだ。

「私自身は、TPP断固反対と言ったことは一回も、ただの一回もございませんから。まるで私が言ったかの如くのですね発言は慎んでいただきたい」

 ......言葉を失うとはこのことだ。柿沢議員は、安倍氏が自民党総裁として立ち、与党に返り咲いた2012年総選挙時の「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない」という自民党ポスターを突きつけていたが、それを見ながらなお、安倍首相は「TPP反対なんて言ってない」とシラを切ったのだ。

 ご存じの通り、この総選挙で安倍総裁はTPP反対を公約に掲げ、当然ながら安倍氏自身も「TPP反対」と何回も口にしている。たとえば、2013年2月23日の記者会見でも、オバマ大統領との日米首脳会談について問われ、こう述べている。

 「私からは先の衆院議員選挙で聖域なき関税撤廃を前提とする限りTPP交渉に、交渉参加に反対するという公約を掲げ、また自民党はそれ以外にも5つの判断基準を示し政権に復帰をした、そのことを大統領に説明をいたしました」

Posted by 大沼安史 at 03:12 午後 |