« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋(遅ればせながら)〕◇ (柏崎・刈羽原発ではなく)「伊豆田知事」が排除された「新崎県」の原発が再稼働メルトダウン! ◆ 「みな(官僚・政治家・電力会社の家族は)早めのチケットの確保で、スムーズに出国することができた。これが国家権力に近い者だけに許された、プラチナ・チケットの本質だった」 ―― 霞が関の現役覆面官僚、若杉冽さんのノンフィクション小説、『原発ブラックアウト』より その⑦ | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕 ◇ 住宅除染後の浪江町の自宅(10月6日) 室内=0.65マイクロSv/h ◆ 「除染してもこの線量! 住める訳がない! ここへ帰還しろと国は言う! ふざけるな!  原発推進議員と役人と御用学者は、この我が家を貸すから30年住んでみろ!」 ―― 今野寿美雄さんの FB・怒りの告発! ★ 英仏語訳で世界拡散開始! 「ふざけるな」「 Are you crazy?」「C’est insensé !」  »

2016-10-11

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ 「フクイチ」の1号機はカバー取り外しで青天井状態だが……「チェルノブリ」では、事故を起こした、石棺化済みの4号機と、隣の3号機の間に、新たな巨大気密カバーを取りつけるための、ダムのような支柱壁が完成! 巨大機密カバー、11月に設置、ついに完成へ!

Screenshot2520

Chernobyl20nsc20front20wall20204602

 ★ 安倍政権は「フクイチ」を石棺化し、それを気密性の大ドームで覆って、放射能プルームの放出を封じ込めてから、住民帰還のための話を進めるべきではないのか?

 もちろん、希望する住民への移住権の付与(その補償)、帰還地の水源ダム、森林などの完全除染が前提になるが……!

 

Chernobyl20new20safe20confinement

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 新しい巨大カバーは高さ110m、長さ(奥行)165m、幅が260m。

 寿命は最低100年。

 ということは今後、ほぼ100年後とに更新されなければならない、ということだ。

 チェルノブイリの場合、4号機ひとつで、これだけ巨大なカバーが必要。

 「フクイチ」は、4号機分(1~4号機)をすべて覆わなければならないから、それこそギネスものの巨大カバー(ドーム?)をつくることになる!

 

〔★は大沼〕 ◎ ワールド・ニュークリア・ニュース : End walls in place for Chernobyl cover
 (7日付け)⇒ 
http://www.world-nuclear-news.org/WR-End-walls-in-place-for-Chernobyl-cover-0710164.html

          *

Cudlz4zviaammu9

Posted by 大沼安史 at 09:26 午後 |