« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋 (「脱原発・放射能」ブログより) その①〕◇ 2011年3月11日、津波が「フクイチ」構内に到達(東電発表=午後3時36分台)の7分前、「午後3時29分」に、1~4号機の北北西、1.5キロ地点にあるモニタリングポスト(MP3)が「高高(HiHi)警報」発出開始! ★ 「フクイチ」は、津波ではなく地震で破壊され、一気に、炉心溶融に進んだわけか! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ 「フクイチ」の1号機はカバー取り外しで青天井状態だが……「チェルノブリ」では、事故を起こした、石棺化済みの4号機と、隣の3号機の間に、新たな巨大気密カバーを取りつけるための、ダムのような支柱壁が完成! 巨大機密カバー、11月に設置、ついに完成へ! »

2016-10-11

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋(遅ればせながら)〕◇ (柏崎・刈羽原発ではなく)「伊豆田知事」が排除された「新崎県」の原発が再稼働メルトダウン! ◆ 「みな(官僚・政治家・電力会社の家族は)早めのチケットの確保で、スムーズに出国することができた。これが国家権力に近い者だけに許された、プラチナ・チケットの本質だった」 ―― 霞が関の現役覆面官僚、若杉冽さんのノンフィクション小説、『原発ブラックアウト』より その⑦

9784062193412_w ★ 写真(下)は「新崎県」ならぬ、新潟県の新潟空港。

 「東電柏崎・刈羽原発」が仮に「再稼働メルトダウン爆発事故」を起こした時…… 「プラチナチケット」 を手にした官僚・政治家・電力会社の特権層の家族だけが、いちはやく、最寄の空港から海外に脱出することになるわけか?

 「新崎原発」でそんな事態が起きないように、「新崎県知事」には、目下、新潟知事選に出馬している米山隆一さんような「脱原発」の人になってもらいたい!

 

Screenshot2518

Screenshot2475

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ◆ 「新崎県」ではなく、新潟県の県知事選情報!

 ◎ 米山隆一候補が、「放射性汚泥」に関する泉田知事の質問にツイッターで回答。「放射性汚泥を発生させた東京電力の当然の責任として、引き取り及び処理の具体的手続きの呈示を求めます」!
 ⇒ 
https://twitter.com/RyuichiYoneyama/status/785674080259219456

Screenshot2519

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 同書245頁より。

 ふ~む、政治家や官僚、電力会社のエリートだけに許された、原発事故時、空港から海外に脱出する「プラチナ・チケット」がある!

          *

 ★ 上記くだりの前に、以下のような記述がある。

 ―― ところが(羽田空港が黒山のひとだかりになる)二四時間以上前、官房長官の二回目の記者会見を前に、朝イチで動いた日村(経産省資源エネルギー庁次長)を始めとした官僚の家族、……政治家の家族、そして小島(日本電力連盟常務理事)を始めとした電力会社の家族で、羽田も成田も、ひとしきり混雑が起こっていたのだ。

          *

 ★ 「新崎空港」が「フクイチ」のようなメルトダウン爆発事故が起きれば、首都圏の羽田・成田はもちろん、新崎県の新崎空港から、こうした「プラチナ・チケット」を手にした特権層がいち早く、海外に脱出していくことだろう。

          *

 ★ それでは「フクイチ」のときは、どうだったか?

 『東京ブラックアウト』には、こう書かれている。

 ―― そして実際、フクシマ原発事故に際しては、多くの経産官僚はもちろん、実は当時の経済産業大臣たる江田川(えだがわ)も、家族をシンガポールに逃がしている。このとき即座にチケットをおさえて江田川家に届けたのは、税金で給料が賄われている江田川の公設秘書であった。(8頁)

          *

 ★ 江田川経産相……3・11当時の経産大臣は、海江田氏だった。
 似た名前だ。

          *

 ★ (7~8頁にこうある)

 ―― 官邸のオペレーションルームから、資源エネルギー庁次長の日村直史がそっと抜け出してきた。オペレーションルーム内部の喧騒が嘘のように、廊下は静かだった。
 そのまま側のトイレに駆け込む。個室の鍵を閉め、慌てて携帯を取り出す……妻への電話だった。

 「玲子! いますぐ芳樹を叩き起こして、着の身着のままでいいから、車で羽田か成田に向えっ」

  …………

 「どこでもいい、国内はみな危なくなるかもしれない。外国行きの航空券を……」

  ……

 「……でも、東京から二〇〇キロ以上離れた場所じゃない。なんでそんなに急ぐ必要あるの? ……明日は芳樹の、新年ヒアノ発表会なのよ……」

 「バ、バカ野郎!…………このあと数時間で、東京の都市機能は失われる……」

          * 

 ★ (同10頁より)

 ―― ちょうど同じころ、(東京の)二子玉川にある高級幹部用の公務員宿舎では、窓という窓は閉められていた。 

 駐車場の自動車は一台もいなくなり…………。

 多摩川沿いをいつものように犬の散歩に出ていた……は訝しく思う。

 「……いったい何が起こっているんだ。公務員宿舎がもぬけの殻じゃないか。昨夜は灯りが点っておったが、まさか全員が、新年の朝、一斉に田舎に帰省しているわけじゃあるまいし……」
 悪い胸騒ぎがした。

          *

 ★ わたし個人、新潟知事選で、悪い胸騒ぎがしている。

 選挙集計で、コンピューター不正が行われるのではないか、との予感だ!

 米山隆一陣営は開票場などで徹底した監視の目を光らすべきだ!

          *

〔★は大沼〕 ◎ 講談社BOOK倶楽部 ⇒ http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062193412

         *

         *

◎ 関連 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋(遅ればせながら)〕◇「伊豆田知事」が国策捜査で逮捕された「新崎県」の「新崎原発」6・7号機が、爆発した。「世界最高の安全水準と日本国政府が胸を張った6・7号機ではるが、世界的には常識となっているコアキャッチャーすら設置されていなかった」―― 霞が関の現役覆面官僚、若杉冽さんのノンフィクション小説、第2弾、『原発ブラックウアウト』(2014年12月刊)より その①
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/post-9eaf.html

 ◎ その② : 「伊豆田知事」が排除された「新崎県」の「新崎原発」が強行再稼働の末、アウトオブコントロールに! UPZの住民は官邸(加部内閣)記者会見のテレビ中継を見て、跳び上がった。「なんだと、メルドダウンだぁ!逃げるべぇ」

        *

 ◎ その③ : 「二度目の爆発が深夜に起きた。七号機の格納容器の爆発だ……モクモクと上空に上がっていく。いわゆるキノコ雲である」
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/post-435b.html

 ◎ その④ : 「わずか三キロの特養で、老人たちに異変が現れ始めた。続々老人が嘔吐を始めたのである。急性放射性障害だ」
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/post-2f46.html

 ◎ その⑤ :  「新崎原発」の免震重要棟は「落城前の天守閣のようだ」/「ぐぇ、ぐぼっ、げーっ」 画面上で突然、所長代理が……嘔吐を始めた」
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/post-e3ec.html#more

 ◎ その⑥ : 2度目の爆発! 「宙に舞い上がった使用済み核燃料や瓦礫や粉塵は……放射能プルームとなり……関東平野へと黒煙が広がっていく」 
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/10/post-ef02.html
         *

◎ 泉田知事、米山候補に「頑張ってください」⇒ https://twitter.com/IzumidaHirohiko/status/783661442100637697

 

◎ 朝日新聞 : 再稼働争点、与野党が激戦 新潟知事選 「当初は推薦候補の戦いを楽観していた自民党は危機感を強め、自主投票にした民進党は埋没。ともに原発に厳しい世論の動向を見誤り、焦っているようだ」
 (8日付け)⇒ 
http://www.asahi.com/articles/DA3S12598064.html

        *

◎ 毎日新聞 : 新潟知事選 楽観一転、自民焦り…原発問題が争点 / 10日には公明党の井上義久幹事長、12日には二階氏が相次いで現地入りする予定だ。ただ、「なかなか伸びない」(自民党幹部)という焦りは隠せず、終盤戦に勝負をかける。
 (7日付け)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20161008/k00/00m/010/120000c

          *

◎ しんぶん赤旗 : 新潟知事選 米山候補に熱い期待 原発再稼働反対のうねり 自公推薦候補は争点隠し
 ⇒ 
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-06/2016100601_04_0.html

         *

◎ 関連 : 田中龍作ジャーナル : 【新潟県知事選挙】 「抹殺計画があった」泉田知事の路線継承する米山候補
 ⇒ 
http://tanakaryusaku.

          *

◎ 関連 『東京ブラックアウト』若杉冽×古賀茂明 告発対談 「キャリア官僚はメルトダウン中に再稼働を考え始める生き物です」
 (2015年2月20日付け)⇒ 
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/42017

Posted by 大沼安史 at 08:55 午後 |