« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の真実〕★ 安倍政権、重大原発事故での「有限責任化」を求める「電力業界からの……声」も「強まり」に応え、内閣府・原子力委員会に「専門部会」を設け、「集中審議」を開始! 「有限責任」を応えた分は国民が税・電気代上乗せで負担! ★ フクイチではすでに「6兆円」もの国民超過負担が生じている。原子力ムラは「有限責任」で救い、国民には「無限責任」を押し付ける狙いだ! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◆ 山形県寒河江市 公園で保管していた「フクイチ・死の灰・指定廃棄物」(キロ8000ベクレル以上)の道路側溝汚泥、約2.5トンを、最大6590ベクレルまで汚染濃度が下がったとして、一般廃棄物として処分場に埋め立て! 全国発の指定廃棄物の「処分」 ★ 水系汚染への対策は万全か? »

2016-10-03

〔電磁波マインドコントロール、許すまじ〕(あくまで、可能性の問題として、提起!) ★ あの植松聖容疑者は、「洗脳暗殺戦士(マンチュリアン・キャディデット)」ではなかったのか? ◇ 元ミネソタ州知事(米海軍特殊部隊シールズ元隊員、元レスラー)、ジェシー・ヴェントゥーラさんのこのTV調査報道、"Manchurian Candidate"(2010年1月6日放映、デイリーモーション)を観て、ふと、そんな気がした!

Screenshot2433

Screenshot2434

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ マンチュリアン・キャンディデット(洗脳された暗殺者、正確には、朝鮮戦争で捕虜となり、満州で洗脳されて帰国、米大統領候補=キャンディデットになる男の意味)とは、米国の小説上の人物だが、電磁波による音声注入などでマインドコントロールされ、虐殺行為を平気で行う暗殺者の意味で(米国ではフツーに)使われているコトバだ。

 「ヒトラー思想が降りて来た」という植松容疑者は、一般の人が知らない、衆議院議長公邸へ「手紙」を届けていた。

 首相公邸に届けたら、たぶん、その段階で、植松容疑者は徹底マークされ、犯行に至らなかったろう。

 その可能性を外し、衆院議長公邸へ!

 計算しつくした「ハンドラー」がいたかも知れない。

 この「スジ」はいちど徹底して調べ上げ、事実でないならないとハッキリさせるべきだ。

          *

〔★は大沼〕 ◎ デイリーモーション : CONSPIRACY THEORY WITH JESSE VENTURA Manchurian Candidate
 ⇒ 
http://www.bing.com/videos/search?q=%3aJesse+Ventura+manchurian+candidate&&view=detail&mid=38E01B863B3BDDD177C038E01B863B3BDDD177C0&FORM=VRDGAR

 ◎ ヴェントゥーラさんのTV調査報道番組 ⇒ https://en.wikipedia.org/wiki/Conspiracy_Theory_with_Jesse_Ventura
  
 ◎参考 映画 「影なき狙撃者」
 ⇒ 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%B1%E3%81%AA%E3%81%8D%E7%8B%99%E6%92%83%E8%80%85

Posted by 大沼安史 at 08:26 午前 4.電磁波被曝問題 |