« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ たとえば南相馬市の新田川河岸(立ち入り自由)の土壌は、29,800 Bq/kg for radiocaesium (Cs-134 and 137) / 「(そういう汚染されたところで競技生活を続ける)オリンピック選手はいるだろうか?」――ロス在住のジャーナリスト、ロバート・ハンツカーさんが疑問を提起!  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ 〔ずくなしの冷や水〕ブログが警告 ◎ 2016/9/14、F1近傍で線量率上昇。窓を閉めましょう。換気も最低限に。外にいる人はマスクを! »

2016-09-15

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋〕◇ チェルノブイリでは「石棺」でも足らず、年内完成へ向け、「巨大気密カバー」で、4号機事故炉を覆おうとしているのに――フクイチ事故炉1号機では真逆に「カバー」を取り外し! ★ 日本政府・東電は、なぜフクイチ核惨事現場全体を、チェルノブイリのように気密ドームで覆い、密封しようとしないのだろう? 五輪「新国立」の前に、「フクイチ・ドーム」ではないのか?

Screenshot2216

Screenshot1137

Screenshot1133

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ アベ政権は1号機「青天井(天井なし)」で、東京オリンピックの「おもてなし」をするわけだ

          *

〔★は大沼〕  ◎ 毎日新聞 福島第1原発事故 1号機で建屋カバーの壁、撤去作業始まる /福島
 (14日付け)⇒ 
http://mainichi.jp/articles/20160914/ddl/k07/040/103000c

          *

 ◎ 東電広報 ⇒ http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/removal-reactor/index-j.html
          *

 ◎ ワシントン・ポスト This is how scientists are keeping Chernobyl’s radiation contained (これが科学者たちがチェルノブイリの放射能をどうやって閉じ込めているか、だ!)
  (4月25日付け)⇒ 
https://www.washingtonpost.com/news/worldviews/wp/2016/04/25/this-is-how-scientists-are-keeping-chernobyls-radiation-contained/?tid=a_inl

Posted by 大沼安史 at 09:34 午前 |