« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の真実〕◇ 「3・11」の際、日本では、「独立行政法人・原子力安全基盤機構(JNES)」により、「EPRNet」と呼ばれる原子力非常事態対応・高速ネットワーク(システム)が構築・確立されていた! ―― 米NRC(原子力規制委員会)の内部メールで判明! ★ 関係政府機関、原発オフサイトセンターをつなぎビデオ会議、そして、あの「SPEEDI」放射能拡散予測も運用! JNESはその後、新設の原子力規制委員会(NRA)に統合された!  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の真実〕◆ バスで避難した双葉町民、約100人のうち、9人を抽出して放射能汚染を測定 9人全員が被曝! うち1人は、靴を履いたままで「10万cpm超」! ―― 米NRC(原子力規制委)情報公開メールの中に記録・保存されていた、経産省・保安院の「英文プレスリリース」のなかに明記! ★ 「10cpm超え」とはカウンターが振り切れたということだ。全員が急性被曝! 5年半後のいま、どのような被曝症状に苦しまれているのだろう? »

2016-09-30

〔フクイチ6年目 柏崎・刈羽9年目の秋〕◇ 【画像解析の岩田清さんがツイッター速報】 ◆ 東電柏崎・刈羽原発 「中越沖地」震時には、稼働していなかったはずの「1号機」が「動いていた」ことを確認! 「視覚証拠が完全成立しました。兵器用プルトニウム生成を違法内職して居て中越沖地震に遭遇!」 / 「違法内職」、フクイチ4号機で継続して「3・11」に遭遇  ★ 「柏崎・1号機」プルトニウム製造疑惑が、「新潟県知事選」のさなかに急浮上!

Screenshot2417

Screenshot2416

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 岩田清さんのツイッター速報で、「柏崎・刈羽原発1号機」をめぐる重大な疑惑が、表面化した!

 フクイチでも、定期点検中での稼働していないはずの「4号機」の原子炉で、核兵器用とみられるプルトニムの生産が極秘で行われ、「3・11」の大地震に遭遇、4号機でも「水蒸気爆発・核暴走」が起きていた疑いが指摘されているが、東電柏崎・狩羽原発の1号機でも、表向き、「不稼働」中に、プルトニウム生産が行われてていた!

 これが岩田清さんの画像解析の「結論」だ。

 岩田さんは上記のような「解析画像」( ⇒ こちら )を公表しており、そこから「結論」を得るに至る具体的な解析・証明プロセスの公開が待たれている。

          * 

〔★は大沼〕 ◎ 岩田清さん ツイッター速報

   ① どちらにせよ、稼動して居ない筈の1号機が動いて居た事が確認できた!
   ⇒ 
https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/781414534015619072

   ② 中越沖地震で不可能に成った柏崎刈羽1号機の違法内職を福一4号機が代わって遣って3.11地震に遭遇ですね!
   ⇒ 
https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/781448413162254336 
   ③ 視覚証拠が完全成立しました。兵器用プルトニウム生成を違法内職して居て中越沖地震に遭遇!...
   ⇒ 

https://twitter.com/Kiyoshi_IWATA/status/781448413162254336

Posted by 大沼安史 at 07:38 午前 |