« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の夏〕◇ 除染・廃炉・損害賠償など「国民負担」、2015年度末まで、すでに4兆2660億円 ―― 国民の1人あたり3万3000円 / 東電、さらなる支援を政府に要求! ★ 赤ちゃんから老人まで国民1人あたり3万円強。これがどんどん増えるというのだから、もう、まったく! 原発を推進してきた自民党や原子力ムラが負担をすべきだ! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の夏〕◇ 「トモダチ作戦」での洋上被曝を訴える、米空母「ロナルド・レーガン」の元水兵らの対東電集団訴訟 控訴審の口頭弁論(Oral arguments)、1日、カリフォルニア・パサディナの第9巡回連邦裁判所に開始 (大統領選のある)11月以降に判決の見通し(弁護団)/ ◎ 米民主党で大統領候補に名乗り出たことのあるジョン・エドワーズ元上院議員が原告の水兵らの支援を表明! 米軍紙『星条旗』が報道 »

2016-08-31

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の夏〕◇ 日本政府が、3億2000万ドルを注ぎ込んで、フクシマでギャンブル! それは、地下アイスウォール ―― ニューヨーク・タイムズが「凍土遮水壁」問題を国際社会に拡散報道 / 「電気で冷却するので災害時の停電に脆さ抱える」/ まるで「神様、お願い」ギャンブル / 東電は地下水問題を過小評価、との批判も!

Screenshot2076

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 「フクイチ」で現場取材したマーチン・ファクラー特派員に、東電のマネージャーは、こう説明したそうだ。

 4号機の建屋の近くで。

 「水は、足元の下、たった3メートル下にあります。それが建屋に今も流れ込んでいます。見えません。でも止まりません」
 “The water is here, just three meters beneath our feet,” said Mr. Okamura, the Tepco general manager, who stood near the pipes wearing a white protective suit, goggles and a surgical mask. “It still flows into the building, unseen, without stopping.”

          *

 「フクイチ」は「見えない、2つのモンスター」を相手に、立ち往生しているのだ。

 メルトスルーした溶融核燃と、阿武隈山地から流れ込む地下水。

          *

 ★ 凍土遮水壁も、いまや「神様、お願い、助けて(Hail Mary)」状態。

 ギャンブルに失敗したことが確定したときはまた、安倍政権の失政責任が確定するときでもある。 

          *

〔★は大沼〕 ◎ NYT: Japan’s $320 Million Gamble at Fukushima: An Underground Ice Wall 
 (29日付け)⇒ 
http://www.nytimes.com/2016/08/30/science/fukushima-daiichi-nuclear-plant-cleanup-ice-wall.html?_r=1

 ・ However, the ice wall has also been widely criticized as an expensive and overly complex solution that may not even work. Such concerns re-emerged this month after the plant’s operator announced that a section that was switched on more than four months ago had yet to fully freeze. Some also warn that the wall, which is electrically powered, may prove as vulnerable to natural disasters as the plant itself, which lost the ability to cool its reactors after the 45-foot tsunami caused a blackout there.

 ・ “It’s a Hail Mary play,” said Azby Brown, a Japan-based researcher for Safecast, an independent radiation-monitoring group. “Tepco underestimated the groundwater problem in the beginning, and now Japan is trying to catch up with a massive technical fix that is very expensive.”

 ・ Adding to the urgency is the 2020 Olympics, which Prime Minister Shinzo Abe of Japan helped win for Tokyo three years ago by assuring the International Olympic Committee that the water troubles at Fukushima Daiichi were under control.

Posted by 大沼安史 at 04:28 午後 |