« 〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー(Barrie Trower)さんが告発! | トップページ | 〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower) さんが告発!―― その②  »

2016-08-18

〔フクイチ・スーパー核惨事 6回目の夏〕◇ 米国ではサウスカロライナ州コロンビアの東芝ウェスチングハウス社の核燃料製造工場がシャットダウン! / スクラバー(集塵設備)で、ウラニウムが基準の3倍、蓄積 臨界し爆発の恐れ / 米NRCの指導で改善へ ★ 日本国内の核燃製造工場の安全確保は大丈夫か? 田中・原子力規制委員会は念のため査察に入るべきではないか?

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1946_2

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ スクラバーのウラニウム上限基準は29キログラムだが、記録によると、87キロが蓄積されていたそうだ。

 核専門家のロバート・アルヴァレズさんは「深刻な作業員被曝と放射性物質の放出があり得た」と指摘している。

          *

 ★ 気になるのは、日本国内の核燃料製造施設だ。
  (こちらを参照 ⇒ 
http://www.fepc.or.jp/library/links/nuclear/

 米国で起きたことが、日本で起きないとも限らない。

 日本の場合は、住宅地の近くにもあるようだ。
 原子力規制委員会は安全点検の査察に入るべきではないか。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ザ・ステート : Nuclear fuel plant under gun to improve safety in wake of uranium buildup, explosion concerns
 (12日付け)⇒ 
http://www.thestate.com/news/local/article95419907.html#storylink=cpy
 
          *

 ・ Under scrutiny and facing possible federal fines, the owner of a Columbia atomic fuel plant has agreed to make safety improvements following a buildup of uranium that regulators said could have resulted in a nuclear accident.

 Westinghouse must take the steps at its Bluff Road plant before the U.S. Nuclear Regulatory Commission will allow the company to restart part of the facility that was shut down earlier this summer, according to a news release Friday from the atomic oversight agency. The shutdown has resulted in the temporary layoff of about one-tenth of the company’s 1,000 member workforce.

 ・ The discovery of the uranium buildup, reported to the NRC last month, is a substantial concern to the agency. Records show uranium was about three times the level legally allowed in the area where it was found.

 ・ The NRC said 29 kilograms of uranium are allowed in the scrubber area, but records show 87 kilograms were found there.

 ・ Elevated amounts of uranium in a plant scrubber raised the possibility of a “criticality’’ event, or one that could have caused a small explosion at the facility. Allowing nuclear materials to go critical is one of the most serious problems that can occur at a nuclear fuel plant, NRC spokesman Roger Hannah said. Excessive amounts of radioactive material can cause a critical nuclear reaction.

Posted by 大沼安史 at 08:50 午前 |