« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋へ〕◇ 台風10号(Typhoon Lionrock)、「フクイチ」をターゲットに! (Typhoon Lionrock Targets Fukushima Daiichi)◇ Fukushima報道・有力ネット・メディア「SimplyInfo」が警告予報! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋へ〕【山口県在住 元高専教授 Togetter アピール】◇ ≪ 日本壊滅へのカウンダウン始まる。原発まぢかで地震あれば、メルトスルー必至。右も左もなく原発停めねば。 ≫ / リオ五輪での日本選手の活躍……「にはこれが日本の最後の輝きにならなければよいがという思いに強くとらわれている」 »

2016-08-29

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の秋へ〕 【針路予想図・見出し訂正・追加済み】 ◇ 台風10号 「フクイチ」直撃後、極東ロシアへ そしてなぜか直角ターンして西進し、中国東北部を直撃へ! ★ 「極東気象戦争」??? ◎ まさか、まさか………… 「台風10号」は、「巨大地下原子炉」と化した「フクイチ」発の「放射能プルーム」を巻き込んだ「気象兵器」に仕立て上げられ―― そして、いままさに、ロシア(あるいは中国)直撃を狙った「気象兵器戦争」に投入されようとしている、わけではあるまいな? 

★ (◎ 【訂正】 針路予想図をさしかえました) 写真は「10号」の迷走予想図と、L・モレット女史。 

 ロシア側は、「電磁波フェンス」で国境線を防護、「フクイチ・プルーム」の侵入を阻止する態勢でいる、という!

Screenshot2053

Screenshot2052

…………………………………………………………

 【追加】 ◎ 英文アサヒ ⇒ http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201608290030.html

Screenshot2060

……………………………………………………………………………………

 ★ 米国の女性科学者、ローレン・モレットさんは、ロシアが「フクイチ・放射能プルーム」の領空侵入を阻止するため、ロシア版「HAARP(電離層ヒーター)」による防衛網=「電磁波フェンス(electromagnetic fence)」を全国境地帯に敷いているとしている。
 ⇒ 
https://newsinsideout.com/2015/01/part-iii-leuren-moret-putins-plan-haarp-radiation-russia-brics-saves-world-jesuit-depopulation-transhumanist-agenda/

 ・  Vladimir Putin, President of the Russian Federation, is employing Russian HAARP to lay an electromagnetic fence around Russia to keep out plumes filled with Fukushima radiation, thereby protecting the Russian people from depopulation.

 ★ 米サンフランシスコのピーター・カービーさんの近著、Chemtrails Exposed によると、米軍は「ケムトレイル」「HAARP」など気象兵器を使って、ハリケーン、雨雲、低気圧などを誘導する研究を進めているという。

 これにモレットさんの言明を重ね合わせると、

 今回の「台風10号」の動きは、「フクイチ」を通過することで放射能を巻き込んだ「10号」をロシアにぶつけようとする動きと、「放射能台風」を入れまいとするロシア側の動きとの綱引き――

 という、かなり荒唐無稽なストーリーさえ、描くことができそうだ。

 
 
 ★ まさか、とは思うが、一応、書いておく。

          *

 ★ 「フクイチ」は、「巨大地下(天然)原子炉」化しているのではないか、との指摘が出ている。

 その「地下臨界」の継続で放出された「死の灰プルーム」を台風の渦巻きのなかに組み込み、コース誘導で敵国を襲わせる…………恐ろしいシナリオだ。

 現実の話でなければ、よいのだが――。

Posted by 大沼安史 at 05:16 午後 4.電磁波被曝問題 |