« 〔空から歌が聴こえる〕♪ So Long Marianne by Leonard Cohen | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6回目の夏〕◇ 統計学的には、福島の「子どもたちの甲状腺がんの67%以上は原発事故によるものと推定される」! ―― 京都工業繊維大学の宗川吉汪教授(生命科学)と、大倉弘之教授(数学・確率論)が「福島の小児甲状腺がんの多発の原因は原発事故」と証明! 「過剰診断」説はウソと判明! 男子比率もチェルノブイリ同様、高まる! »

2016-08-13

〔米大統領選〕◇ それにしても、穴がいくつか開いた、小型レコーダーのようなものをヒラリーに対して、向け続け、彼女が首を振る異常行動を始めると、かすかにニヤリと笑う、このやや禿げあがった男は何者なのだ? ほかの女性ジャーナリストは映像機能のついたものを持参しているのに、なぜ、この男だけ、おかしなものを持っているのだ? ―― ◎ ヒラリーはなぜ“奇行”を繰り返すのか? ★ 電磁波照射で操作されているのかも知れない!

〔★は大沼〕 ◎ ユーチューブ The Truth About Hillary's Bizarre Behavior
 ⇒ 
https://www.youtube.com/watch?v=OqbDBRWb63s

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1902

Screenshot1901

Screenshot1906

Screenshot1904

 ★ この(上記)ユーチューブに載った記録動画を見てほしい。

   開始1分3秒以降、とくに1分31秒あたりを見てほしい。

   ヒラリーの右側に陣取った男が、ヒラリーの「奇行」を不審がるどころか、うっすら、笑って悦んでいる。

  「ほーら。どうだ」と言いたげな表情をしているようにも見える。

   どうして映像に撮らないか、不思議でもある。

   ジャーナリストとしたら、決定的な場面ではないか?

   ずっと、ヒラリーの顔を狙いつづけているように見える。

   不可解だ。

           *

 ★ 電磁波照射による身体状況、精神状態の操作は可能だ。

Screenshot1903  ヒラリーは歩けなくなったりしてもいるそうだが、腰がやられると、動けなくなる。

 

 足もやられると、急に脱力して、歩けなくなる。(これは、わたしの被害体験でもある)

          *

 ★ では問題は(電磁波攻撃があるとして――仮定した上で)、なぜ、ヒラリーに対していま、こうした「攻撃」「威嚇」が行われてるのか?……

 わたしの見方(仮説)は、こうだ。シナリオは2つ、考えられる。

 第一。

 いま大統領選がらみで陰の最大の争点となっているのは、TPPである。

 オバマは自分の任期中になんとしても「TPP」を通そうとしている(通すよう命じられている)。

 しかし、そんなオバマをヒラリーが「静観」すれば、TPPを後押ししたとして労働者層を中心に有権者が離れる可能性が――大統領選で敗北する恐れが強まる。

 「TPPやっていると、わたし大統領になれない、とオバマに訴え、やめさせろ」という論説 が出ているのも、このためだ。

 ヒラリーとしては大統領になるためには、ホワイトハウスへの道をより確かなものにするためには「TPP断固反対」を言うのが得策で、自分でもその気になっているというのはいまの状況だろう。

 このヒラリー陣営の「TPP断固反対」への動きを、威嚇して、つぶす!

 そのための脅迫行為――それが電磁波照射ではないか、という仮説である。

          *

 第二。

 もうひとつ、考えられるのは、トランプを支持する宗教右翼の策謀である。

 とにかく、トランプに勝たせる!

 そのために、ヒラリーを精神病者に仕立て上げる!

 日本でも、財産狙い・地上げ・裁判つぶしなどにも「活用」されているらしい「集スト」の常とう手段は、電磁波を浴びせ、「奇行」を誘因し、あげくのはてはマイクロ波照射で「神の声」を聴かせ、統合失調症患者に仕立て上げるやりかたである。

          *

 9・11後、ブッシュ政権下、「国内セキュリティーの確保」を名目に、「ハイテク諜報ベンチャー企業」に対して、膨大な額の連邦予算が投下されたことは、たとえばナオミ・クラインさんの『ショック・ドクトリン』にも報告されていることだ。

          *

 電磁波が政治支配の手段に使われているようだ。

 「フル・スペクトラム支配=電磁波ファシズム」という、最悪の事態も想定すべき時代になった。

          *

  関連 本ブログ既報 08-11〔米大統領選〕◇ 電磁波照射、それとも…… ヒラリーが演壇で凍りつく! 言葉を失い、舌が回らなくなる 4日のラスベガスでの集会で! 彼女の左斜め前方から、光線の帯のようなものが彼女の頭部(目の位置を中心に)狙って飛んできて、彼女の金髪が緑色に発光!(動画開始6秒後以降) ★ 「電磁波銃」の照射攻撃を受けたのでないか!
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/post-8b44.html

Posted by 大沼安史 at 09:09 午前 4.電磁波被曝問題 |