« 〔集スト(集団ストーキング)、許すまじ〕◇ 米国ミシガン州では「ストーキング禁止法(anti-stalking law)」(州刑法=Section 750.411i)が制定され、ストーカーに5年以下の懲役(または/そして)1万ドル以下の罰金刑を課している! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6回目の秋へ〕◇ NHKが≪避難計画に不信(Doubts about Evacuation Plan)≫とのタイトルで、中央構造線断層帯の巨大断層の走る「伊方・再稼働原発」について――国際放送で世界拡散警告報道! ★ 日本国内向け報道と「報じ分け」か。愛媛や大分などプルーム直撃圏の人たちはNHK受信料を払いたくない気持ちでいるのではないか? »

2016-08-25

〔ハイテク犯罪を許さない〕〕◇ 良心の呵責にあえぐ英国の電磁波照射兵器開発当局者(脳と心臓に対するマイクロ波効果の研究者)が、悩み抜いた末、「内部告発」をあきらめる! ◎ 英国で「マイクロ波兵器」の開発にあたったバリー・トロワー (Barrie Trower 物理学者) さんが明らかに!―― その⑧

Barrietrower320x280

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ その当局者(政府機関の科学者)はトロワーさんに対して、暗号メールで、「相談に乗ってくれ」と頼んで来たそうだ。

 高額な報酬を受け、美邸を構えているその「トップ科学者」は、「安全・安全」を唱えながら、女性の乳癌、流産さえ引き起こしている自分の研究に疑問を持ち、トロワーさんのように「カミングアウト」し、内部告発をしたい気でいるようだった。

 トロワーさんはその科学者と会って、こう(概略)伝えた。

 「(表に出れば)家庭生活が破壊され、こどもたちは大学を退学せざるを得なくなる。それでも内部告発に踏み切れるかどうかだ」

 「科学者」は結局、「沈黙」することを選んだそうだ。

          *

 ★ トロワーさんによると(おそらく彼自身の経験とみられるが)、内部告発に踏み切ると、「とても深刻な死の脅迫」を受けることがあるのだそうだ。

 それでも、トロワーさんはカミングアウトし、その「科学者」は告発を断念した。

 トロワーさんはインタビューのなかで、断念せざると得なかった、その「科学者」に理解を示した。

          *

 ★ 英国では英軍・諜報機関の研究者(物理学者)だったトロワーさんのほか、照射にあった元諜報部員のカール・クラークさんがカミングアウトして、おそろしい実態を暴露している。
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/post-834f.html

          *

 ★ わたしは、トロワーさん、クラークさんのようなかたちでなくとも、周到に準備すれば内部告発は可能性ではないか、と思っている。

 真実を告げる人が、日本でも現れてほしい!  

          *

 〔★は大沼〕 ◎ トロワーさんインタビュー 
 ⇒ http://www.stopthecrime.net/Deborah%20Tavares%20Interview%20with%20Barrie%20Trower.pdf

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑦ : 「こども」や「妊婦」など{国民を25のカテゴリーに分け、特定周波数の電磁波を照射し、実験を行なっている」 / 〔おそらくは日本を含む〕世界45ヵ国で、ターゲットの国民を、数台の車両でもって、「包み込み(ブランケット)照射」! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-f.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑥ : 電磁波兵器、すでに60年の歴史 /  攻撃周波数帯、なんと「3000億バンド!」 / 「暴走列車状態で、制御不可能な状態になっている」「いまや世界は『新・冷戦』といえるような状況」
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-0.html

 ◎ トロワーさん、インタビュー その⑤ : 電磁波照射によるマインドコントロールで、ターゲットを「3日以内に」暗殺者に仕立てあげることができる! 「★ あの、植松聖・容疑者の場合は、どうだったか? 念には念をいれ、検証すべきではないか?
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-9.html
 

 ◎ トロワーさん、インタビュー その④ : ほかの家に住む若いカップルが、自分たちの性行為などを自撮りするため、iPadなどのスイッチを押した瞬間、(たとえば)彼女の裸の胸の写真を、監視者がマイクロ波でゲット! ―― 世界45か国で、こうした「盗撮」活動が行われている!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/ipad-barrie-tro.html#more

 ◎ トロワーさん、インタビュー その③ : 「スマートメーター」で、設置した家の一人ひとりを監視可能に! ベッドに行くのも、トイレに入るのも「見る(watch)」ことができる。ベッドで愛し合うSEX行為も! 声も一言ひとこと、「聞く」ことができる! 150フィート(45m)以内に装置を仕掛け、ターゲットの脳の活動状況・感情、ホルモン・レベルも把握! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/watchsex-barrie.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その② : ◇ 米政府は1976年に、低レベルのマイクロ波の継続照射でターゲットを発症させることができることが分かった全疾病――生理学的・神経学的な全てのリストを作成した! そして世界の主要国の政府に、訴訟を回避し、関連業界の利益を守るために箝口令を強いた! 
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/barrie-trower-6.html

          *

 ◎ トロワーさん、インタビュー その① : 〕◇ 米国の某スーパー・マーケット(チェーン)がマイクロ波ビームを、買うか買わないか躊躇する客の耳〔蚊牛殻(内耳)〕に照射し、「ほんとうは買いたいんでしょう(‘you really do want to buy this.’)」と決断を促す音声を注入し、9ヵ月間で驚異的な売り上げを達成! 事件になって裁判になっても「マイクロ波は安全」ということで却下!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/08/you-really-do-w.html

Posted by 大沼安史 at 09:51 午前 4.電磁波被曝問題 |