« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目〕◇ 志賀原発で異変?! 「放射性物質」放出の疑い / ホワイトフード・マップ 滋賀県などのMPで異常事態を確認 | トップページ | 〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 【共同通信】植松容疑者、緊急措置入院中に、「ヒトラー思想が2週間前に降りてきた」と語る ★ もしかしたら、マイクロ波パルスを使った「脳内音声注入」が行われ、マインドコントロールされていたのかもしれない。 »

2016-07-27

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の夏〕◇「3・11」当時、横須賀にいた米原子力空母「ジョージ・ワシントン」が、フクイチ放射能被曝汚染を除染( remediation of the Fukushima contamination)へ / フクイチ放射能プルームが同空母を含む16隻のヨコスカの米艦船を汚染! ★ ということは、東京湾の日本の艦船も、首都圏(陸上)全域の一般の施設・設備・車両なども「除染」の必要がある、ということだ!

Screenshot1769

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

〔★は大沼〕◎ 米マリーン・ログ : Aircraft carrier to get post-Fukushima decontamination (空母がフクシマ後除染へ)
 (25日付け)⇒ 
http://www.marinelog.com/index.php/marine-log-news/item/22376-cvn-73-rcoh-to-include-post-fukushima-decontamination.html

 ★ ウィキには、こう書かれている。

          *

 2011年3月11日の東日本大震災発生時はSRA(定期修理)中であったが福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染を恐れ、3月21日に修理を切り上げ母港の横須賀港から出港、回航中も修理を継続し4月5、12日に整備員の交代及び物資積載(修理中のため飛行甲板の航空機使用不可)のため佐世保港へ寄港し、母港へ帰港したのは4月20日になってからであり帰港後もしばらく修理は継続された。

 修理中だったこともあり、東日本大震災に対するトモダチ作戦にはジョージ・ワシントンは参加していないが配下の空母打撃群艦艇からは参加している。

          *

 ★ 「ジョージワシントン」はヨコスカからサンディエゴに配置替えとなり、(よりひどく被曝sした)「ロナルド・レーガン」がサンディエゴからヨコスカ配備となっている。

          *

 要は、空母「ロナルド・レーガン」にように、フクイチ(東北)沖には出動しなかったが、横須賀にいてプルームに被曝していたわけだ。

 それにしても、6年目の夏のいまごろになって、「ジョージ・ワシントン」を除染だなんて!

          *

 ★ 除染作業は米国のノフォークで、来年夏から開始の予定のようだ。

          *

 JULY 25, 2016 – Earlier this year, defense media reported Navy officials as saying that 16 ships remained contaminated with low levels of radiation five years after taking in part in relief efforts following Japan's Fukushima Dai-ichi nuclear power plant disaster.

Among those ships was the aircraft carrier USS George Washington (CVN 73) and funding for remediation of the Fukushima contamination is included in a $194,802,989 contract modification awarded Huntington Ingalls Industries (HII) to extend the period of performance from 12 months to 18 months for continued advance planning of the refueling complex overhaul (RCOH) of the carrier

The contract modification will continue CVN 73 RCOH advance planning, shipchecks, design, documentation, engineering, fabrication, and preliminary shipyard or support facility work to prepare for and make ready for the RCOH accomplishment on CVN 73, which is expected to commence in August 2017.

The modification establishes the labor requirement for engineering and production services in support of Fukushima remediation of CVN 73 during the advance planning of its RCOH, as well as provide for engineering, planning, and production oversight of work performed by the Navy, Norfolk area providers, and other contractors in managing remediation efforts.

Posted by 大沼安史 at 09:20 午前 |