« 〔天皇陛下 退位の意志をご表明〕◇ アベの参院勝利3日後に「ナルヒトに譲る」と、ご表明 ―― 新天皇になる「皇太子はアベ氏の政治目標に対抗する旋律を響かせ得る。皇太子は繰り返し平和憲法を讃えて来た」 ―― ニューヨーク・タイムズが報道! | トップページ | 〔都知事選〕◇ 猪瀬直樹氏が「都議会のドン」にいじめられ自殺したと“爆弾発言”した樺山卓司・都議は、水元中央公園など地元、葛飾区内で放射能(空中線量)の測定活動を続け、プラスチックバッグを頭からかぶって遺体で見つかる前日(2011年6月30日)も、「水元中央公園 0.25マイクロシーベルト/時」などと測定結果をHPに掲載し、区民に注意を呼び掛けていた! »

2016-07-15

〔ハイテク犯罪を許してならない〕◇ スノーデンさんが内部告発した米国のグローバル諜報機関、NSAの最先端基地はテキサス州のサンアントニオにあった! その名も「TAO」―― 独誌「シュピーゲル」(国際版)が内部文書をもとに暴露!

Screenshot1691

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ テキサスのサンアントニオといえば、米国の電磁波拷問撲滅キャンペーンのリーダー、麻酔科医のジョン・ホールさんの地元。

 このサンアントニオで、2010年1月、奇妙なことが起きた。

 西部地区で、ガレージの自動シャッターがリモコン操作で作動しなくなった。

 「TAO」がリモコンと同じ周波数の電波を発射していたことがわかった。

 発射をためると、ガレージは正常に動くようになった。

          *

 ★ 「シュピーゲル」の長文・調査報道記事は、こんな事件の紹介から始める。

 TAOはTailored Access Operation(「仕立てアクセス作戦)」の頭文字。

 老子のタオ(道)にひっかけたネーミングのようだ。

          *

 ★ この基地にはNSAのトップユニットである「デジタル鉛管工」といわれるITのシャペシャリスト集団がいて、「量子理論」という名の「道具箱」を活用、ヤフー、ツイッター、ユーチューブといったサービス・プロバイダー(グーグルは英国の諜報機関、GCHQが担当)をはじめ、外国の要人など保秘システムで守られたターゲットにも自由にアクセス可能だそうだ。

          *

 ★ この「シュピーゲル」の報道で、ひとつ注目されるのは、日本の原発など産業管理システムである「SCADA」をコントロールする能力を手にしているそうだ。

           *

 ★ また「TAO」はローテクな諜報作戦にも長け、発注された電子機器を途中でインタセプトし、仕掛けを埋め込んで輸送ルートに復帰させる、といった昔ながらのやり方も続けているそうだ。

          *

 ★ 日本のマスコミも、「シュピーゲル」誌くらいの調査報道能力を身に着けてほしいものだ。

 安倍首相にスシ食わせられて、喜んでいるようでは情けない。 

          * 

 〔★は大沼〕 ◎ Inside TAO: Documents Reveal Top NSA Hacking Unit
 {2013年12月29日付)⇒ http://www.spiegel.de/international/world/the-nsa-uses-powerful-toolbox-in-effort-to-spy-on-global-networks-a-940969.html

Posted by 大沼安史 at 08:20 午後 |