« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目 南相馬・帰還強制〕◇ 女性は証拠の書類(公文書)を取り出して、訴えた! 「私たちの話を聞いて(避難指示を)解除するって約束したじゃありませんか。それが守られていないから、解除しないでくださいって言っているんです」 / コメ農家の松倉さんは「コメ作りはどう見ても無理だ」とあきらめている。田んぼの水は沢から引いているが、その源流の山林が放射性物質で汚染されたままなのだ。  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事〕◇ 福島民報がスクープ報道 /  原子力損害賠償・廃炉等支援機構は13日、東京電力福島第一原発事故の廃炉作業での技術的な裏付けとなる新たな「戦略プラン」を公表し、核燃料を建屋内に閉じ込める「石棺」方式について初めて言及!。/ 石棺は廃炉に伴う高レベル放射性廃棄物の県内固定化につながりかねず、県や地元町村は反発!  »

2016-07-14

【寮生連続不審死事件 高専の闇】 ◇ 群馬高専の寮生が2年間で3人死亡……学校長の対応に疑問の声 / 「市民オンブズマン群馬」が公開質問状 ★ そういえば、山口県で中性子線照射攻撃を受けている、被害者のA先生も、「高専」の元教授! まさか、群馬高専で、人体(照射)実験が……!?

 〔★は大沼〕 ◎ ヤフー(週刊SPA!)(11日付け)⇒ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160711-01153610-sspa-soci

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1680

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 真相は薮の中である。群馬工業高等専門学校(群馬高専)で14年1月から16年1月にかけて3人の男子学生が亡くなった。

 一方、その前年度においては、同校教授による生徒への罵倒や人格否定、脅迫を伴ったアカハラにより学生や教官の間に多数の被害者が出た。

 こうした一連の事件について、学校側からの説明や報告などの経緯を示す記録の開示を求めたが、一切拒否されたまま現在にいたっている。そのため、「市民オンブズマン群馬」(小川賢代表)が8日、西尾典眞校長に対して3度目の公開質問状を提出した。その学校長の対応に、ネットでは疑問の声が広がっている。

          *

  関係者への聞き取りや質問状によると、およそ1年以上にわたる期間内に、電子情報工学科に所属する寮生の連続怪死事件が2件発生。

 15年6月には寮を出たまま行方不明となった男子学生が1か月後に利根川河川敷近くで遺体で発見され、16年1月には、高崎市内の山中で男子学生が死亡しているのが見つかったという。

 さらに最近になり、14年1月にも物質工学科所属の学生が寮の自室で自死するという事件が発覚。亡くなったのは、いずれも当時4年生の学生だった。

Posted by 大沼安史 at 07:26 午前 |