« 〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目の夏〕◇ サンフランシスコ日本総領事館前で毎月「11日」、安倍政権への抗議行動が続いている! 「7・11」でなんと48回目! / ダン・マーリンさんが安倍首相への公開状を読み上げる! 「日本の人びとは清らかな環境と平和にあふれた社会を望んでいます」 | トップページ | 〔ハイテク犯罪を許さない 相模原障がい者殺戮事件〕◇ 植松聖・容疑者、2月になって施設の同僚、上司に突然、「障がい者が全員、いなくなればいい」と言い始める! ★ 「ヒトラー思想が降りてきた」発言といい、マイクロ波パルスを使った「脳内送信」マインドコントロールの臭いがして仕方ない。 »

2016-07-30

〔フクイチ・スーパー核惨事 7年目の夏〕◇ 「フクイチ」規模の核惨事は、一般の人びとが考えているよりもすぐにやってくる! 100年に1~2度、スリーマイル島クラスは10~20年に1度 ―― 英サセックス大、チューリッヒ工科大の研究チームが、過去に起きた200件以上の核事故を分析して警告 / ◇ 「フクイチ」を最大スケールの「レベル7」としたINES(国際原子力事象評価尺度)の見直しも要求! 「フクイチ」は実質「10~11レベル」!

Screenshot1774

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ フクイチやチェルノブリ・クラスの核惨事は1世紀に一、二度起こることが、チューリッヒ工科大学などの統計分析で明らかになった。

 20世紀のチェルノブイリ、21世紀はじめのフクイチ。

 今世紀――21世紀中に、もう1度、取り返しのつかない核惨事が起きるかも知れない確率のなかに、われわれは生きているということだ。

 次の日本で、ということも、いまの安倍政権の暴走状態を考えると、あり得ないことではない、ありうることだ。

          *

 ★ もうひとつ、研究チームが「INES」の見直しを求めているのは、フクイチの惨憺たる現状を考えれば、よくわかる。

 研究シームはレベル10~11だと言っているが、ひとつ上のレベル12が人類滅亡レベルとすれば、より現実的なイメージを持てるだろう。

          *

 ★ 日本政府、東電は国際社会からの「フクイチ溶融核燃がどこへ行ったかも分からないで」批判を鎮静化しようと、2号機の圧力容器の下部に、2号機についてはほとんど残っています、と「推定」で「主張」して、当座をしのぐつもりのようだが、小細工はよしたほうがよい。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ETHチューリッヒ(スイス) 管理・技術・経済学部HP : A Rethink of Nuclear Risk Assessment
 (7月11日付け) ⇒ 
https://www.mtec.ethz.ch/news/d-mtec-news/2016/07/a-rethink-of-nuclear-risk-assessment.html

 ・ A team of risk experts at the University of Sussex, in England, and ETH Zurich, in Switzerland, have analysed more than 200 nuclear accidents, and – estimating and controlling for effects of industry responses to previous disasters – provide a grim assessment of the risk of nuclear power: The next disaster on the scale of Chernobyl or Fukushima may happen much sooner than the public realizes.
 
 ・ They estimate that Fukushima- and Chernobyl-scale disasters are still more likely than not once or twice per century, and that accidents on the scale of the 1979 meltdown at Three Mile Island in the USA (a damage cost of about 10 Billion USD) are more likely than not to occur every 10-20 years.

          *

 ・ The team also calls for a fundamental rethink of how accidents are rated, arguing that the current method (the discrete seven-point INES scale) is highly imprecise, poorly defined, and often inconsistent.

 In their new analysis, the research team provides a cost in US dollars for each incident, taking into account factors such as destruction of property, the cost of emergency response, environmental remediation, evacuation, fines, and insurance claims. And for each death, they added a cost of $6 million, which is the figure used by the US government to calculate the value of a human life.

 That new analysis showed that the Fukushima accident in 2011 and the Chernobyl accident in 1986 cost a combined $425 billion - five times the sum of all the other events put together.

 However, these two extremes are rated 7 - the maximum severity level - on the INES scale. Fukushima alone would need a score of between 10 and 11 to represent the true magnitude of consequences.

Posted by 大沼安史 at 05:10 午後 |