« 〔空から歌が聴こえる〕☆ ポール・カラック(Paul Carrack )さんの、この歌―― ♪ The Living Years Live  朝からなんども聴いてる! ★ 死ぬ前に、手遅れにならないうちに、互いに見つめ合うことが大切なんだと思う!  | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の夏〕◇ 原発で核兵器の材料のプルトニウムをつくり続けることは、「原子力平和利用」がアへン中毒者の妄想に過ぎないことを極限的な姿で見せているようなものだ! プルトニウム核燃料では日本のエネルギー消費の1%をまかなうのがせいぜい! ―― 世界的な原子力アナリスト、マイケル・シュナイダーさんが、安倍政権の進める、Rokkashoを軸とした「プルトニウム・エコノミー」を厳しく批判  »

2016-07-07

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の夏〕 ◇ 「トモダチ作戦」洋上プルーム被曝の米水兵らの支援に細川護煕さんも乗り出す。小泉純一郎さんとタッグ。被曝症状に苦しむ空母「ロナルド・レーガン」の元乗員のため、医療救援「トモダチ作戦被害者支援基金」を創設へ―― 豪ASC放送のレイチェル・ミーリーさんが東京からレポート ★ オーストラリアのメディアがこれだけ力を入れて報じているのに……。東京新聞、またも、孤軍奮闘!

 (東京新聞)◎ 振込先は城南信用金庫営業部本店、普通口座844688、口座名は「トモダチサクセンヒガイシャシエンキキン」。問い合わせは同信金=電03(3493)8133=へ。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

Screenshot1637

Screenshot1636

……………………………………………………………………………………

 

★ レイチェルさんは、こう報じた。

 「今日、行われた記者会見で、小泉首相より年上の、静かに話す老人がいた。モリテル・ホソカワだった……」
 
RACHEL MEALEY: Beside Mr Koizumi at today's press conference was a quietly spoken older man. Morihiro Hosokawa was less well known as prime minister……

 ★ 小泉さんは会見でこう言ったそうだ。

 アメリカには日本にような健康保険がないから、医療費がバカ高い(だからいますぐ医療費を支援する基金をつくる)と。

          *

 ★ 400人の被曝水兵たちはもちろん、東電相手の裁判を戦い抜く姿勢だ。

 それはそれ、これはこれ。

 自分たちがやれることはやる。

 細川さん、小泉さんという2人の元首相が立ち上がった。

 誇らしいことだ。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ABCラジオ Former Japanese PMs throw support behind US sailors affected by radiation
 5日付 ⇒ 
http://www.abc.net.au/pm/content/2016/s4495138.htm

          *

 ◎ 関連 ◇ 東京新聞 「トモダチ作戦で被ばく」 元米兵への支援基金設立
 (6日付け)⇒ 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201607/CK2016070602000124.html

 ・ 東日本大震災で救援活動に参加し、放射線に被ばくして健康被害の出ている元米軍人らを支援したいとして、小泉純一郎元首相と細川護熙元首相は5日、「トモダチ作戦被害者支援基金」の設立を発表した。来年3月末まで支援金を募る。

          *

 ◇ 朝日新聞 小泉元首相が基金創設 トモダチ作戦被曝の元米兵ら支援 ★ 寄付を呼びかけ!
  5日付け ⇒ 
http://www.asahi.com/articles/ASJ7564CKJ75UTIL03V.html


 ・ 小泉純一郎元首相は5日、東日本大震災の「トモダチ作戦」時に福島第一原発沖で被曝(ひばく)したとして、健康被害を訴えて東京電力などを相手に集団訴訟を起こした元米軍兵らを支援する基金を創設し、寄付を呼びかけた

          *

 ◇ J~CAST 小泉元首相らが基金創設 「トモダチ作戦で被曝」元米兵ら支援
 6日付け ⇒ 
https://news.nifty.com/article/domestic/society/jcast-271748/

 ・ 「日本のために力を尽くしてくれており、かわいそうだで済ます問題ではない」と支援の必要性を説いた。

 基金では、17年3月末まで個人や法人から資金を集め、元米兵らの治療などに活用するとしている。

Posted by 大沼安史 at 07:22 午前 |