« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の夏〕◇ 小児甲状腺癌細胞 | トップページ | 〔ああアベノJAPAN!〕◇ 知的障がい施設、19人刺殺事件 ―― ◎ 英紙ガーディアンが電子版で「ライブ・アップデイト」(事件の進行、解明を同時レポート)/ 「日本の政治家に障がい者の安楽死を呼びかける手紙を渡そうとしていた!」 ★ 安倍内閣の閣僚が「高齢者はさっさと死ね」とか「いつまで生きてるんだ」などと「失言」して、辞任もせずにいる「美しい国」! 植松容疑者は憂国の志士にでもなった気でいるのだろうか? »

2016-07-26

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目の夏〕◇ 「原子力を、〔1968年、日米原子力協定を締結した〕当時の政権が目指したような『潜在的核武装能力保持』の手段と位置づけるならば、原発の扱いも『地下下』や『施設の小型化化や分散』『核燃料確保の絶対的安全確保』といった相応の対応をすべきだったが、日本では全く顧みられなかった」 ―― 池上雅子さん『世界』8月号論文より

Screenshot1765

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 池上雅子さん(東京工大教授、元ストックホルム大学教授)の論文『核兵器廃絶への課題 ――「核帝国主義」の超克 再考 核と人類(2)』を読んで、教えられるところが多かった。

          *

 ★ 池上さんは、ヒロシマ・ナガサキへの「原爆投下後70年も経てようやく核兵器の『悪魔の兵器』としての非人道性が世界的に認識されるようになった……」と書いている。

 このくだりを読んで「原発」とは『悪魔のエネリギー』との認識を持つべきではないか、と思った。

          *

 ★ 池上さんは、さらにこうも書いている。

 ・「また、2016年1月、北朝鮮が4回目の核実験で『水爆実験に成功』と表明したが、これは高性能小型核兵器を、かつてパキスタンのA・Q・カーンが核兵器開発のために構築した書くの闇市場のような国際的闇ルートで入手した可能性も否定できず、核兵器問題が可惜な局面に入ったことを示唆する」

 ・「米国をはじめ小型核兵器をすでに開発配備あるいは実戦使用している可能性がある核武装国がアルカイーダやISなどイスラム過激派テロ組織と地下で通じているとすれば、核テロは世界の何時どこでも発生し得ることになる」

          *

 ★ 英ブレア政権のクック外相によると、アルカイーダとは「アフガニスタンでソ連に対抗するためにCIAがリクルートし軍事訓練を施した数千人のイスラム主義武装集団ムジャヒデーンで、文字通りにはその『コンピューター・ファイル』という意味」だそうだ。

 「ベース(基地)」かと思っていたら、CIAの秘密データベースのことだったわけか!

 〔★は大沼〕 ◎ 『世界』(8月号) ⇒ https://www.iwanami.co.jp/sekai/

Posted by 大沼安史 at 09:34 午前 |