« 〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 北海道・旭川の元タウン誌編集長、水上英次さんが、警察内部関係者の証言などをもとに、人工衛星による電磁波拷問を追及し、その調査結果の概要を『国民征服』と題してネット公開! ――「この国一番の恐ろしい国家犯罪」の可能性 「情報収集衛星(偵察監視衛星)利用の国民征服、征圧の思惑」 ★ この国もまた、ここまで「電磁波管理社会化」が進んでいる、というわけか!   | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事〕◇ 世界の環境疫学の専門家、医師でつくる「国際環境疫学協会(ISEE)」が、丸川珠代・環境大臣らあて、フランシーヌ・ラデン会長名の公開書簡(1月22日付)。健康被害の把握、予防で、被曝地でのモニタリング、フォローアップ調査を求める! 専門家集団として協力支援の用意も / 残留放射能による被曝も懸念! ★ これ以上「被曝とは関係ない」は通用しない! すくなくとも国際社会の環境疫学界においては! »

2016-07-05

〔ハイテク犯罪を許してはならない〕◇ 人工衛星を使った電磁波拷問の被害者で、レジスタンス運動の先頭に立っている米国テキサス州の医師、ジョン・ホールさんが、全米ラジオで告発! 全米で数千人が被害に。脳内音声送信など、照射実験は電磁波による「全国民管理」が最終目標の可能性。★ 日本では、どうなのか?

 ★ 写真はラジオ番組HPと、ジョン・ホールさんの体験を映画化した『ターゲットにされて(Targeted)』の予告編(トレーラー)画面。

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1615

Screenshot1614

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ 「コースト・ツー・コースト」ラジオ 
 (2015年2月9日付)⇒ 
http://www.coasttocoastam.com/show/2015/02/09

          *

 ★ ジョン・ホールさんは同ラジオのインタビュー番組に2010年2月8日にも出演

 電磁波拷問の被害者の約70%が女性で、性的な拷問の被害にあっている人もいるという。

 どうやら、特定の周波数で女性器を遠隔で「刺激」することもできるようだ。

 前述の旭川市の水上さんによると、日本でも大阪の女性が被害に遭ったりしているという。

 この女性はガスライティングという忍び込み被害にも遭っており、寝具を何者か「汚された」こともあるそうだ。

 

Posted by 大沼安史 at 03:51 午後 4.電磁波被曝問題 |