« 〔フクイチ・スーパー核惨事〕【毎日新聞】◇ 小児科医、黒部信一さんは、こう打ち明けた。「実は今年に入って、福島県在住者で白血病により2人が亡くなったとの報告を受けました。成人ですが、闘病中の方もいます。白血病は年齢にかかわらず被ばくの3年後から増え始めるので、心配しています」 ★ 白血病の蔓延が心配だ。黒部医師はこう警告する。「影響が大きいので、個人情報を盾に統計上からも隠すのではないですか」 | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事〕◇ 「医師の中には役割を自覚して汚染地域から逃げようとしない方もいる」「あえて、危険な状態に身を置き、逃げることもせず、苦しんでいる人を支えています。ここで医師が逃げてしまえば、そして次々と死んでいく医師の後継者を育てなければ、瞬く間に医療崩壊です」 ◆ 「放射線障害の診断と健康保険支払いを禁じている下手人を明らかにすべきだと思います」「自分が残らないと、汚染地に住む患者さんが困るのではない。あなたが避難して逃げないで、その地にとどまるから、患者さんたちも逃げられないのです」 »

2016-06-16

〔フクイチ・スーパー核惨事〕◇ 「生長の家」の谷口雅宣さん(第3代総裁)は、「3・11」の5年ほど前、ブログにこう書いていた。「我々は「核燃料サイクル」という呼称から、原子力利用が循環型であるかのように思いがちだが、その基本問題は、放射性廃棄物の処理が『循環型でない』ということだ。放射性廃棄物は、自然界では決して循環できないものだから、現状では頑強な容器に密閉して地中深く埋めておくほか仕方がないのである。それが将来引き起こすかもしれない問題は、すべて次世代や次々世代の人間が背負うことになるのである」

Screenshot1458

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 谷口さんは、さらに、こう続ける

 「これは環境問題と同じく、現世代の繁栄のために次世代に深刻な問題を押しつけることになるから、世代間倫理にもとる行為と言わなければならない」と。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 「“原子力立国”でいいのか?」との題で書かれたブログから。
  (2006年6月24日付け)⇒ 
http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue/2006/06/post_bf9c.html

          *

 谷口さんは、コラムの最後にこう書いている。

          *

 この“流れ”の中では、原子力利用は「旧世紀の遺物」である。自然を愛する日本人の国としては、“自然エネルギー立国”が最適の選択だと私は思う。

          *

 「この“流れ”」は、唯一、未来に続く流れだ。

 フクイチ・スーパー核惨事6年目の現在、脱原発はいよいよ決定的なものになっている。

Posted by 大沼安史 at 08:24 午前 |