« 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目〕◇ 日本のハイテク・ベンチャー企業、「QEI」社(神奈川・寒川町)が東北大と、トリチウム水を分解(濃縮トリチウムと水素に)する画期的な技術開発に成功 ―― 原田武夫さん(国際戦略情報研究所主宰、元外務官僚)がブログで公表! / 米エネルギー省と米海軍が開発参加を申し入れ! ★ 米国のキュリオン社なども開発に成功したと言っているが、こちらは国産のハイテク技術だ。こういう技術を知りながら、なぜか経産省は背を向けてきたそうだ! | トップページ | 〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目〕◇ マーク・ウィランシー特派員は桜咲く被曝地に入った! 富岡町で動物たちのいのちを守り続ける松村直登さんと一緒に、夜の森の桜通りを歩くウィランシーさん! /  豪ABCテレビが、30分番組「被曝地帯に入る(Into the Zone)」を放映! ★ 現場に入り、歩き続ける、外国の特派員がいる! それに比べて……。  »

2016-06-21

〔フクイチ・スーパー核惨事 6年目〕◇ 東京オリンピックでテロを最も警戒すべきは、東海村だ! 五輪施設まで、わずか77マイル(123キロ) ◎ FBI代表として東京の米国大使館で15年過ごした(元)FBIスペシャル・エージェント、エド・ショーさんが国際社会に警告!

 ★ ショーさんは1999年のJOC臨界事故を想起しているが、原因不明の汚染水漏洩が続いている東海第2原発も心配だ!

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1497

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 五輪期間中は東海村に武装自衛隊を配備するなどして、安全性をアピールすべきではないか?

 ・ Of the three incidents the 1999 Tokai-mura incident is most relevant to Tokyo Olympic safety and security officials for several reasons.

 ★ あるいは伊勢志摩サミットでフクイチの作業をストップしたように、東海第2をはじめとする川内、高浜などの再稼働原発は運転を中止し、不測の事態に備えるべきではないか?

          *

 ◎ THE NUCLEAR OLYMPICS?
  (3月9日付け)⇒ http://tokyo2020olympicssecurity.com/the-nuclear-olympics/

 ◎ 関連 東海第2原発 ≪未だ原因わからず 東海第二原発放射性廃液漏れ「どこからどうやって漏れてるの?」 〜 定期的に堰内にたまった汚染水を回収します≫ 
 みんな楽しくHappy♡がいい♪ ⇒
 http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-4659.html

Posted by 大沼安史 at 03:02 午後 |