« 〔フクイチ核惨事 6年目にして……こんどは川内再稼働原発の脅威〕◇ 警告! 「川内原発で異常発生確実 万一の場合への備えを」(ブログ「ずくなしの冷や水」)/ 制御棒の部品の曲がりで挿入できない。」が正解のような回答を現地筋を通して(「桑ちゃん」ツイッター) ★ だから安倍政権は地震が相次ぐ中、「屋内退避」を呼び掛けたわけか!?  | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目〕★ 「G7サミット」が開かれるとなれば、東電は「要人が集まるサミットの期間中、なるべくリスクを減らしたいと当社の判断で決めた」として、フクイチ核地獄の作業を止める ―― フクイチ風下被曝地の「グループ・オブ・ヒバクシャたち」は毎日毎日、年から年中、重要な生活を続けているのに、「なるべくリスクを減らしたい」との、東電の判断による作業中止決定は出ない。★ それにしても、地震・噴火リスクにもかかわらず、川内原発の「祝・サミット開催」再稼働を続ける九州電力は「異常すぎる」! »

2016-05-15

〔アベ政治を許さない〕◇ 「アベ(安倍)はアソー(麻生)を首にする時だ(主見出し)」 ―― 米有力経済誌、「バロン」のウィリアム・ペセクさん(東京駐在、アジア編集長)が、麻生財務相をコラムで酷評! 「アソーが外人投資家に日本株を売らないよう言えば言うほど、さらに早い速度で日本株は売られる(The more Aso implores foreign investors to stop dumping Nikkei stocks, the faster they sell. )

Screenshot1185

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ ペセクさんは麻生大臣を「失言男(Gaffe-prone )」として、あの「ナチスに学べ」など、さまざまな「発言」を紹介。

 さらには、G7各国内部では、「現実的な洞察」を胸に秘めている……というより、「フランク・シナトラのようなカラフルなハット(帽子)」をかぶって現れる男をして知られるようになった、と指摘し、

  And then we have Aso, who’s known more in today’s G-7 circles for wearing colorful Frank Sinatra-like hats to summits than offering applicable insights.

 返す刀で黒田日銀総裁の市場影響力も消え去ったとバッサリ断言、「ここ数十年続いた、東京の大口(オープン・マウス)介入(オペレーション)には最早、マジックの働き、なし」と言い切っている。

 The open-mouth operations Tokyo perfected in recent decades no longer works its magic.

          *

 ★ なるほど、ペセクさんの言う通りだ。

 アベノミクス(アソーノミクス)とは結局、大口叩きの、マネー大食い・カルガンチュア・エコノミクスだった!

 だから、麻生大臣は開いた口がふさがらないのだ。

          * 

 〔★は大沼〕 ◎ バロン It’s Time Japan Fired Its Finance Minister Gaffe-prone Taro Aso has been an absentee finance czar who’s achieved none of the promised reforms. (サブ見出し : 失言男の麻生太郎は改革の約束をひとつも実現しなかった、幻の財務大臣だった)
          (6日付け)⇒ http://www.barrons.com/articles/its-time-japan-fired-its-finance-minister-1462494770?mod=BOL_hp_oe

 ◎ ジャパン・タイムズ(掲載記事)  
           (6日付け)⇒ http://www.japantimes.co.jp/opinion/2016/05/06/commentary/japan-commentary/time-abe-fired-aso-finance-minister/#.Vzehd5VJkqR

Posted by 大沼安史 at 07:42 午前 |