« 〔フクイチ核惨事 6年目〕★ 環境省、8000ベクレル基準を下回る死の灰廃棄物を、被曝地の市町村に「一般ごみ」として焼却処分させる策謀――政策が判明! 宮城県の市町村長会議で、自治体首長から批判と反発が噴出!  | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目〕★ 環境省は結局、放射性セシウムの自然減衰を待って、(鋭意対策に取り組みつつ?)時間稼ぎをしていたのか? 「8000ベクレル以下」になったから、「一般ごみ」として地元で焼却処分を――という、「あとは(死の灰の)野となれ」方式で済ませるつもりか? ★ そんなに安全であるなら、全量、発生源の東電に、即刻、引き取らせるのが筋ではないか! 宮城県民が焼却プルームを浴び、死の灰・灰神楽を舞う必要はない! »

2016-05-03

〔フクイチ核惨事 6年目〕★ フクイチの放射能プルームに襲われた宮城県最南、丸森町の保科町長が 3月の放射能廃棄物処理会議で、環境省に苦言! ◎ 丸森の「松ヶ房ダム」の堤防の真ん中が、福島と宮城の県境。「福島県側は高圧洗浄機で除染をして、宮城県側はブラシで除染するんです。これが果たして、現地現場主義で行った作業なのか」 ―― 飯館村から2キロ 福島と同じ除染を求める!

★ 写真は丸森町の「松ヶ房ダム」。

Screenshot1132

Screenshot1131

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 

 ★ 丸森町の保科町長が明らかにした、ダムの真ん中で除染方式が分かれる、この「お役所仕事」は、現在、「親放射能派」とおぼしき元女子アナが大臣席にすわる、わが「環境省」の、フクイチ死の灰「除染」史の史上に、燦然……いや惨然として残る(語り継がれる)エピソードではある。

 ひどすぎる話だ。

          * 

 ★ 「3・11」から5年が過ぎた段階で、丸森町の保科町長が、こんな苦言を呈さなければならない、宮城県の惨状。

 村井という知事は、いったい、何をしてきたのだろう?

 しかし、それにしても、環境省の「現地現場主義」には怒りを覚える。

 机上の線引きで、一件落着。現地が野となろうと山となろうとしったことじゃない、というわけか!

          *

 
 〔★は大沼〕 ◎ 第9回宮城県指定廃棄物処理促進市町村長会議 

 日 時:平成28年3月19日(土曜日)/ 午後1時30分から午後3時30分まで
 (21頁参照)⇒ http://www.pref.miyagi.jp/uploaded/attachment/354738.pdf

Posted by 大沼安史 at 11:09 午前 |