« 〔フクイチ核惨事 6年目〕◇ 「(日本政府・東電が太平洋「安上がり」放流を狙っているタンク貯蔵汚染水は)セシウムについては大半が除去されているが、高濃度の放射性ストロンチウムとトリチウム(high concentrations of radioactive strontium and tritium)が残っている」 ―― ◎ 世界的な科学権威誌「サイエンティフィック・アメリカン」が国際社会に警告報道  | トップページ | 〔田中龍作ジャーナル〕★ 震災にもかかわらず、再稼働を強行継続する川内原発から11キロの地点に住む若いお母さんは、自費で購入したヨウ素剤と線量計を手放さない。「事故が起きてからでは遅いので、まず(原発を)止めてほしい」 »

2016-05-06

〔米NETC(核非常事態追跡センター〕◇ 南九州に「茶色(レベル4 懸念/要監視)」ポイントが3か所 「赤色(レベル3 高水準)も多数

◎ NETC ⇒ http://netc.com/ 

          *

Screenshot1166

Screenshot1164

Screenshot1165

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ ホワイトフード・マップも、同じような状況変化を告げている。
   赤: 30日平均の2倍の空間線量
   黄: 30日平均の1.5倍〜2倍未満の空間線量
         ⇒ http://news.whitefood.co.jp/radiationmap/

Screenshot1167

 

Posted by 大沼安史 at 12:45 午後 |