« 〔田中龍作ジャーナル〕★ 震災にもかかわらず、再稼働を強行継続する川内原発から11キロの地点に住む若いお母さんは、自費で購入したヨウ素剤と線量計を手放さない。「事故が起きてからでは遅いので、まず(原発を)止めてほしい」 | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目〕【福島民友が報道】◇ 福島の子育て...着実に誤った情報信じる人に『正しい数字』を / 「福島ではもう子どもを産めない」「福島では人工妊娠中絶の件数が増えているらしい」。東京電力福島第1原発事故後、放射線被ばくへの不安から、インターネット上などで根拠のない虚偽情報が飛び交った。 »

2016-05-07

〔フクイチ核惨事 6年目〕【東京新聞が調査報道 2014・1・1】◇ 東電、海外に210億円蓄財 公的支援1兆円 裏で税逃れ ★ 東京新聞の記者諸君には「パナマ文書」でもガンバッテいただきたい!

Screenshot1169

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

          *

 ◇  東京電力が海外の発電事業に投資して得た利益を、免税制度のあるオランダに蓄積し、日本で納税していないままとなっていることが本紙の調べでわかった。投資利益の累積は少なくとも二億ドル(約二百十億円)。東電は、福島第一原発の事故後の経営危機で国から一兆円の支援を受け、実質国有化されながら、震災後も事実上の課税回避を続けていたことになる。 (桐山純平記者! ★ 桐山さん、ありがとう! 東京新聞を購読しよう!) 

          *

 ◇ 東電や有価証券報告書などによると、東電は一九九九年、子会社「トウキョウ・エレクトリック・パワー・カンパニー・インターナショナル(テプコインターナショナル)」をオランダ・アムステルダムに設立。この子会社を通じ、アラブ首長国連邦やオーストラリアなどの発電事業に投資、参画していた。
 

          *

 〔★は大沼〕  ◎ (2014年1月1日付け) ⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2014010102100006.html

Posted by 大沼安史 at 08:49 午前 |