« 〔フクイチ核惨事 6年目〕◆ 凍土遮水壁 「土壌の1割凍らず=遮水壁補助工事を検討」 時事通信が報道! ★ 「陸側(山側)遮水壁」の延長は約1・5キロ。「土壌の1割が凍結していない」とは、ナイアガラのように大量の地下水が押し寄せる、この陸(山)側遮水壁のことだろう。凍結開始2ヵ月が経とうとして今なお、凍っていない……1割ということは延べ「150メートル」も凍土遮水できていないことになる!  | トップページ | 〔オバマ・ヒロシマ〕◆ 英紙ガーディアン 電子版でライブ報道  ◇ (写真) オバマがヒバク米兵の調査を続けてきたモリ・シゲアキさんをハグしたとき、安倍首相はあっちを見ていた! »

2016-05-27

〔オバマ・ヒロシマ〕◆ 作家の大江健三郎さんはニューヨーク・タイムズで語った。「日本国憲法は、東京の憲法というより、ヒロシマの憲法である」―― ★ けだし名言である。たしかに「9条」を軸とする日本国憲法は、「東京」が続けた「30年戦争」の極点、ヒロシマという、戦争の惨禍の爆心から生まれた!

Screenshot1282

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ タイムズの東京特派員、ジョナサン・ソベルさんは、東京は日本の政治・経済の首都、寺町の京都は伝統文化の宝庫だが、ヒロシマはいろんな意味で、「日本の現代国家アイデンティティーの中心」としてある、と指摘している。

 そして、上記の大江健三郎さんのコメントを引き、オバマが訪問するヒロシマの歴史的意味を解説している。

          *

 ★ このヒロシマで、安倍首相は昨年の8月6日、ヒバクシャから「帰れコール」を浴びた。

 安倍晋三という政治家が、この国の「平和憲法の首都」、ヒロシマとは相いれないものであることを、ヒバクシャ自身が明示してみせた。

          *

 ★ わたしは3・11でフクシマもまた、この国の平和憲法、非核主義のもうひとつの首都と(なるべき地と)なったと考える。

 フクシマはヒロシマ同様、悲劇の爆心となったが、日本が非核主義を貫いていく、新たな時代の出発点になるべき場所である。

          *

 ★ 日本の首相がいずれの日か、「脱原発」の聖地と変わったフクイチ爆心を訪れ、その時の米大統領ら世界各国の代表らとともに、「フクシマ・サミット」を開き、非核・非戦、自然エネルギーの誓いをともにするときが来ることを祈る。

 そういうあらたな時代精神のなかで、「フクシマ」は国際社会における名誉ある地位を占めることになろう。

          *

〔★は大沼〕 ◎ NYT Japan’s Leader Has Little Use for Hiroshima’s Lessons of Pacifism(日本の指導者には、ヒロシマの平和主義の教訓も、何の役にも立っていない)
 (26日付け)⇒ http://www.nytimes.com/2016/05/27/world/asia/japan-obama-abe-constitution.html?_r=0

 ・ Mr. Oe added, “The Japanese Constitution is a Hiroshima Constitution, more than a Tokyo Constitution,” referring to the transformative basic law handed down by the United States after Japan’s defeat. 

Posted by 大沼安史 at 01:52 午後 |