« 〔オバマ・ヒロシマ〕◆ 英紙ガーディアン 電子版でライブ報道  ◇ (写真) オバマがヒバク米兵の調査を続けてきたモリ・シゲアキさんをハグしたとき、安倍首相はあっちを見ていた! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目の夏〕◆ ナトリウム漏洩火災事故を起こした動燃の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)を引き継ぐ日本原子力研究開発機構(JAEA=旧動燃などで組織)が、MOX燃料を使うナトリウム冷却型高速増殖炉、「常陽」(茨城県大洗町)を再稼働の構え! / 出力を「10万キロワット以下」に抑えて運転し、半径8キロ防災対策圏を「5キロ圏」に縮小! ★ 4年後の「東京オリンピック」はフクイチ放射能プルーム&汚染水に加え、ナトリウム火災核事故の脅威でもって「おもてなし」! »

2016-05-28

〔フクイチ核惨事 6年目〕◆ 飯舘村のアンドーさん(63歳)は2年前、心臓麻痺と脳卒中に襲われ、左半身が麻痺した。避難生活のストレスが原因かと思ったが違った。アンドーさんの脳の前頭葉に穴が開いているのを見つけた病院の医師は、長期にわたるセシウム内部被曝によるものかも知れないと語った。―― ◎ スペインの最有力紙、「エル・パイス」(週刊英語版)が、特集記事「フクシマ・放射能の汚染された生活」で、国際社会に告知・警告報道!

Screenshot1287

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 「エル・パイス」は、アンドーさんの被災・被曝を、こう書いている。

          *

 「3・11」の大地震を水田にいて経験した。

 家に走って帰り、水を汲んで貯めた。(原発のことが気になり)水道の水を飲んではだめだと直感的に思った。

 そして家に閉じこもった。

 2日後の3月14日だった。轟くような爆発音を聴いた。

 間もなく、溶けた鉄のような、硫黄の混じった臭いを、風が運んで来た。
 
 巨大な毒雲( massive toxic cloud )が、自宅を包み込んだ。

          *

 ★ それから3年後の、脳卒中。

 避難生活のストレスや不安が、脳卒中(と心臓麻痺)を起こたのではないのだ。

 セシウム内部被曝!

 それが脳の前頭葉に穴さえ開けていた。(心筋にも、くらいついていた!)

          *

 ★ セシウム内部被曝で、脳に穴が開く! 

 恐ろしいことだ。

          *

 ★ アンドーさんは、怒っている。

 「補償が何になる。なにもかも失った。生活も、土地も、思い出も……。ここに(飯館の自分の家に)戻ってくるたびに、憤りを覚える、こなごなになってしまいそうだ」

          *

 〔★は大沼〕 ◎ EL PAÍS SEMANAL Fukushima: Contaminated lives
 (2日付け) ⇒ http://elpais.com/elpais/2016/05/02/inenglish/1462201618_695572.html

          *

 Mr Toru Anzai, 63, wanders around the house he abandoned five years ago with plastic bags on his feet and his hands in the pockets of his blue anorak. He has been rehoused in a government block with others from Litate. He doesn’t like his new home. Two years ago, he had a heart attack and a stroke and it seemed as though the stress and insecurity of his situation was killing him. But in the hospital they found a hole in the frontal lobe of his brain that was producing paralysis down the left side of his body. The doctor said it could have been caused by absorbing cesium over a period of time. “We kid ourselves about the levels of radiation,” says Mr Anzai. “What’s the use of compensation? I’ve lost everything: my life, my land, my memories… I’m very angry and every time I come here, I go to pieces.”

 The clocks on the walls of Mr Anzai’s home stopped shortly after the disaster; not long after he was ploughing the family paddy fields and soon after he felt the earth begin to move beneath his feet. As a farmer, Mr Anzai was never happy about the nuclear plants. He ran home and filled a number of carafes with water. Something told him he shouldn’t drink from the tap. He then shut himself inside with his five brothers and two days later, on March 14, he heard a thunderous noise as reactor two exploded after its cooling system failed. It didn’t take long for the wind to bring the penetrating smell of melted iron mixed with sulfur to Litate as a massive toxic cloud blew towards his home.

Posted by 大沼安史 at 03:14 午後 |