« 〔フクイチ核惨事 6年目の夏へ〕◆ 「びわこ☆1・2・3キャンプ」~放射能気にせず遊べる環境を子どもたちに~ クラウドファンディングに挑戦中! 7月8日まで! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目の夏〕◆ 「フクシマ被曝地でオリンピックはあり得ない(No Olympics or Paralympics in Radioactive Fukushima!)」「飲み水、食べ物が決定的に懸念される!」―― 国際署名運動、スタート! 国連の 潘基文・事務総長あて! ◇「地元福島での一部競技の開催、あるいは日本国内でのオリンピック開催そのもので人間と環境の危機が消え去るものではない! 全世界はいま、この非常に危険な東京オリンピックの行方を注視している!」 »

2016-05-25

〔フクイチ核惨事 6年目の夏〕◆ 行方知れずになっている「フクイチ・メルトダウン溶融核燃は、計600トン」―― 豪ABC放送のマーク・ウィラシー(Mark Willacy )東京特派員が東電福島第1廃炉推進カンパニーの増田尚宏・最高責任者から初確認し、国際社会に拡散報道! ★ なんと「600トン」! しかも回収のテクノロジーなし! ヒロシマ原爆のウランは50㎏で、実際に核分裂を起こしたのは、わずか1㎏程度なのに……! 

Screenshot1267

Screenshot1266

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ◆ MARK WILLACY: TEPCO's chief of decommissioning at the Fukushima reactors admits he does not know exactly where the melted fuel is. But in an interview with the ABC, Naohiro Masuda for the first time revealed how vast it is.

 NAOHIRO MASUDA (translation): It's estimated that 200 tonnes of debris lies within each unit. So in total about 600 tonnes of melted debris fuel and a mixture of concrete and other metals are likely to be here.

 MARK WILLACY: So how will TEPCO extract 600 tonnes of melted reactor fuel, when it still doesn't know exactly where it is?

 Fukushima decommissioning chief Naohiro Masuda acknowledges that the technology TEPCO needs to retrieve the fuel still has not been invented.

 

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ ウィランシー特派員は、フクイチ核惨事の事故対応支援の陣頭指揮にあたった米NRC(原子力規制委員会)のヤツコ元委員長とのインタビューも、ABCのラジオ番組のなかで紹介している。

 そのなかでヤツコ元委員長は、

 
 
「東電は、フクイチ溶融核燃の所在場所ピンポイント確認にこれまで、ことごとく失敗している。ロボットもカメラも、高線量の場所のため、動かなかった」と述べるとともに、

 「そのまま放っておくしかなくなるかもしれない。石棺化するしかないかもしれない。それはたしかに可能性としては、ある」
 GREGORY JACZKO: You may just wind up having to leave it there and somehow entomb it as it is, I mean that's certainly a possibility.

 と、きわめて困難な状況にあると指摘した。

          *

 ★ ところで、増田最高責任者の「600トン」発言(通訳)は、以下の通りだ。

 ・ (1~3号機)各号機、それぞれ200トンずつ

 ・ 計600トンの溶融デブリが、あるはずだ。

 ・ コンクリートや金属と混じったかたちであるはずだ、

 NAOHIRO MASUDA (translation): It's estimated that 200 tonnes of debris lies within each unit. So in total about 600 tonnes of melted debris fuel and a mixture of concrete and other metals are likely to be here.

 この600トンがどこにあるのかわからないというのだから、これはもう話にならない。

 ちなみにチェルノブイリは190トンだが、これはどこにあるか所在は確認されている。

          *

 ★ 東電は懸命にボロンを注入し、臨界を阻止しようとしているのだろうが、爆発の危険は、ないのだろうか?

 それから、ナイアガラのような膨大な地下水の流入が続いているとしたら、溶融核燃が「チャイナ・シンドローム」のような垂直下降ではなく、地下水路を通して、太平洋に押し出される恐れはないのか――心配だ。

 いや、もしかしたら、すでに一部が押し出されているのではないか、と不安にかられる。

          *

 ★ 東京オリンピックが迫れば迫るほど、アベ政権はフクイチに関する情報開示を迫られることになる。

 600トンもの溶融核燃料(ウラン)がどこにあるか、見当もつきません。

 「しかし、状況はしっかり統御しています」――では済まない。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 豪ABC放送 ラジオ・ニュース番組「PM」 Fukushima nuclear plant missing 600 tonnes of highly radioactive, melted uranium
 (24日付け)⇒ http://www.abc.net.au/pm/content/2016/s4468286.htm

Posted by 大沼安史 at 01:28 午後 |