« 〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 山口県周南市在住の工学者、A先生(高専名誉教授)が、通院先の総合病院内――しかも、ICU付近の廊下の床面と壁で、「中性子線の存在を示すとみられるピンクの発光現象」を小型ビデオカメラで確認! ◎ 別の病院では、異常に気付いた(らしい)院長らが院内を巡視、そのためか中性子照射レベルが低減! ★ 病院まで侵入し、照射攻撃をしていく、この執拗さは何なのだろう? | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目 4年後の東京オリンピックは?〕◇ JOC(日本オリンピック委員会)が「2020年の東京開催誘致」を調査へ ―― ◎ ニューヨーク・タイムズが報道! ★ 例の第3者委員会方式のゴマカシでかわしきれない情勢になった! いい加減な「調査報告」を出したとき……国際社会はたぶん、フクイチ核惨事のアウト・オブ・コントロール問題もあって、東京五輪のボイコットに動くだろう! »

2016-05-19

〔フクイチ核惨事 6年目〕◇ 小泉元首相が被曝症状に苦しむ米水兵を支援(Japan’s former PM backs sick U.S. sailors)!―― 「トモダチ作戦」で福島沖から被災地を支援して洋上被曝し、東電を相手どってサンジエゴの裁判所で集団訴訟を闘っている米空母「ロナルド・レーガン」などの元乗組員に面会し、激励したことを地元紙、「サンジエゴ・ユニオン・トリビューン」が報道!

Screenshot1231

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 ★ 同紙によると、小泉元首相は17日の記者会見で、白血病や腫瘍を含む元水兵らの症状は、2011年の洋上被曝によるものとの認識を示した。

 Koizumi, who has become outspoken against nuclear power, said Tuesday through a translator that he believes the service members’ illnesses, reported to include leukemia and tumors, were caused by the 2011 exposure, despite U.S. government findings to the contrary.

 元首相はさらに、「日本政府と東電は被曝した米兵らを全面一律に、財政支援すべきである」と語った。

 Koizumi said the Japanese government and power company should support the radiation-exposed U.S troops financially and “across the board.”

 集団訴訟参加者は、400人に達しており、2012年に提訴された裁判は、ことし9月の初め、いよいよ口頭弁論が行われる。

          *

 ★ カリフォルニアは日系人の多い土地。

 「トモダチ作戦」で被曝した米兵に対して何の補償もしない日本側に対して、複雑な感情を持つ人も多いはずだ。

 そうしたなかでの、小泉元首相の果敢な「連帯行動」は、「もうひとつの祖国」への誇りを取り戻してくれるものになってはずだ。

          *

 ★ 東電がこのまま何もしなけれ、4年後の東京オリンピックには、集団訴訟の原告たちが大挙、東京へ抗議行動に訪れることも十分、考えられる。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ San Diego Union-Tribune 、Japan’s former PM backs sick U.S. sailors
 (17日付け) ⇒ http://www.sandiegouniontribune.com/news/2016/may/17/reagan-radiation-sick-sailors-japan-koizumi/

          *

 ◎ 関連 朝日新聞 小泉氏が涙 トモダチ作戦の健康被害「見過ごせない」
 (18日)⇒ http://www.asahi.com/articles/ASJ5K354LJ5KPTIL00B.html

………………………………………………………………………………………………………………………………………………

Screenshot1242

Posted by 大沼安史 at 02:28 午後 |