« 〔フクイチ核惨事 6年目入り 北米西海岸異変〕◇ オオメジロサメ(牛鮫)の胎内から、赤ちゃん一つ目サメ(2011年6月) ◇ アルビノのサメを捕獲(2016年3月) ―― ロサンゼルス・タイムズの元記者、ピーター・トーマスさんが報告 ★ フクイチ発の大気プルーム、海洋プルームの影響かも?! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 「関東の2人に1人がストロンチウムに人体汚染されていることが分かりました。またそのなかの多くの方からプルトニウム汚染も見つかりました」 ―― ジャーナリストの神原将さんが、2004年、広島県で開かれた医療関係フォーラム会場楽屋(控室)でのS医師(東京都内の大学に所属)の発言をフェースブックで報道! / 汚染ルートは「水道水、もしくは野菜、または塩ではないか」との見方も。 »

2016-04-05

〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 「テロリスト・フクシマ(Terrorist Fukushima)」が「原発」を狙っている。だからこそ、わたしたちも原発を注視しなければならない ―― 米ハーバード大学の核テロ専門家2人が連名でニューヨーク・タイムズで警告 ★ Fukushima の惨憺たる姿が、「核テロ」の「脅威」を国際社会に示す「反面教師」になってしまった! 

Screenshot729

 ★ 寄稿したのはハーバード大学ベルフォアセンターのグラハム・アリソン(Graham Allison )所長と、同じくシニア・フェローのウシリアム・トビーさんのふたり。

          *

 ★ アリソンさんらは、ベリギー・テロで「原発」がテロの標的になっていることが明らかになったとして、日本を含む当事国に、以下の対策をとるよう求めている。

 ① 低濃縮の核燃料であっても重大な放射性物質の放出につながるだけの量のある場所(サイト)には、最低限、武装ガードを配置しなければならない。

 ② 核施設の全従業員は雇用に際し、徹底した身元調査が行われなければならない。

 ③ 米国の諜報機関が持つテロリストに関する機密情報は、日本にも伝え、共有されねばならない。

          *

 ★ こう述べた上でアリソンさんらは、テロリストたちと同じような目で原発を注視し、テロ防止対策を採らねばらない、と警告しているわけだが、とくに①については、日本でもきちんとした対策がとられるべきだ。

 武装自衛隊の「原発」(休止を含む)、「もんじゅ」、「六ヶ所」などへの実戦配置など、徹底した対策がとられなければならない。

 警官に小火器を持たせ、テレビで報道させる演出でごまかせることではない。

          *

 ★ この寄稿文の驚いたのは、見出しについた「Terrorist Fukushima」という一言だった。

 「フクシマがテロリスト」というのではなく、原発テロを起こすものは、フクシマ(フクイチ)並みの核惨事を引き起こすテロリストである……という意味が込められているのであろう。

 原発テロは、第2、第3のフクイチ核惨事を引き起こす――国際社会では……すくなくとも核テロの専門家の間では、そういう認識が定着しているのであろう。

 そういう目でみれば、「フクイチ核惨事」を引き起こしてしまった東電なり日本政府は、「テロリスト・フクシマ」と言えるかも知れない。

          *

 ★ 川内原発、高浜原発、そしてフクイチの現場に、一刻も早く「武装ガード」を配置し、作業員の身元調査を徹底的に行なうべきである。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ NYT Could There Be a Terrorist Fukushima?
  (4日付け) ⇒ http://www.nytimes.com/2016/04/05/opinion/could-there-be-a-terrorist-fukushima.html?smid=tw-nytopinion&smtyp=cur&_r=0

          *

 ・ At a minimum, armed guards should be required at all sites that hold weapons-grade material or enough low-enriched fuel to cause a major release of radioactivity. And all employees at nuclear plants should be thoroughly vetted before they are employed.

 ・ Washington could also require a credible assessment of local terrorist threats, protective measures like arming guards at host facilities, regular exercises simulating armed attacks to test the plants’ security systems, and independent oversight.

 Current United States laws and regulations prohibit American intelligence and policy officials from sharing classified assessments of terrorists’ intentions and capabilities with many governments. Even Japan, one of the world’s largest producers of nuclear power and a close United States ally, cannot access this information. That must change.

 ・ Terrorists have their eyes on nuclear plants. So must we.

Posted by 大沼安史 at 10:03 午前 |