« 〔要警戒〕◇ フクイチ周辺に加え、北海道の「泊原発」周辺、九州の「川内・玄海原発」周辺 ★「ホワイトフード」放射線量マップにトリプル警戒警報 | トップページ | 〔アホのミホン内閣〕◇ 「“いよく”という謎の発電所を語るスガ」 ★ アマリにもスガすぎるアベ政権! »

2016-04-21

〔ノーベル文学賞受賞作家、『チェルノブイリの祈り』のスベトラーナ・アレクシエービッチさんのこの警告は、北海道の泊原発の今にもつながることではないか?〕

 「日本語版(岩波書店)が出版されて初めて日本を訪れたとき、原発のある北海道で本について議論しました。一人の男性が言いました。 『だらしないロシア人だからあのような事故が起きた。日本では学者たちがすべて精密に計算している。我々にはありえない』 と。すごい自信でした。その8年後です。福島が起きたのは」

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

Screenshot980

          *

 「北海道の男性にはその時、私はこう言いました。『私たちには自然と争う力はない』と。自然との調和でしか生きられない。自然との関係をどう築くのか、新しい哲学が必要なのです」

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 朝日新聞インタビュー (核といのちを考える)チェルノブイリの祈り ノーベル文学賞作家、スベトラーナ・アレクシエービッチさん
 ⇒ http://digital.asahi.com/articles/DA3S12310776.html?_requesturl=articles%2FDA3S12310776.html&rm=150

Posted by 大沼安史 at 08:44 午前 |