« 〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ 3号機 足元の断層露頭が動いて原子炉建屋に亀裂 ―― 東電、罅割れをセメント塗布し、3号機の断層破壊を隠蔽の疑い ◎ 岩田清さんが3号機壁面写真を画像分析 「此の時、圧力容器そのものは無事でも、格納容器は溶接の拙かった箇所が罅割れ、コンクリートの防御壁も罅割れ、配管は外れ、原子炉は昇天したのです」 | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 「テロリスト・フクシマ(Terrorist Fukushima)」が「原発」を狙っている。だからこそ、わたしたちも原発を注視しなければならない ―― 米ハーバード大学の核テロ専門家2人が連名でニューヨーク・タイムズで警告 ★ Fukushima の惨憺たる姿が、「核テロ」の「脅威」を国際社会に示す「反面教師」になってしまった!  »

2016-04-05

〔フクイチ核惨事 6年目入り 北米西海岸異変〕◇ オオメジロサメ(牛鮫)の胎内から、赤ちゃん一つ目サメ(2011年6月) ◇ アルビノのサメを捕獲(2016年3月) ―― ロサンゼルス・タイムズの元記者、ピーター・トーマスさんが報告 ★ フクイチ発の大気プルーム、海洋プルームの影響かも?!

  ★ サムネイル写真の鮮明なものは、下記リンクをクリック。

Screenshot728

Screenshot727_2

 ★ トーマスさんはロサンゼルス・タイムズの現役記者時代、アウトドア専門記者として活躍、現在はカリフォルニアを拠点に、ネットを通じて海洋生物などに関する記事を報じている。

          *

 ★ 捕獲場所は、いずれもカリフォルニア半島(メキシコ)海域。

          *

 ★ 北米西海岸を襲った、フクイチ発のプルームは2種類。

 メルトダウン当時、放出さた「大気プルーム」と、昨年末から着岸し始めた「海洋プルーム」のふたつだ。

 一つ目サメもアルビノサメも、フクイチ放射能のせいかも知れない。

          * 

 〔★は大沼〕◎ ピーター・トーマスさんのアウトドア・ブログ Details emerge regarding capture of one-eyed 'Cyclops' shark

 (2011年6月27日)⇒ http://www.petethomasoutdoors.com/2011/06/bizarre-looking-shark-caught-in-sea-of-cortez-baffles-scientists.html
 (同7月3日)⇒ http://www.petethomasoutdoors.com/2011/07/details-emerge-regarding-capture-of-one-eyed-cyclops-shark.html

 ◎ ピーター・トーマスさんのアウトドア・ブログ Mysterious, alien-like shark caught off Cabo San Lucas
 (2016年3月30日) ⇒ http://www.petethomasoutdoors.com/2016/03/mysterious-alien-like-shark-caught-off-cabo-san-lucas-.html

Posted by 大沼安史 at 09:22 午前 |