« 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕【重大ニュース】◇ トリチウム汚染水、放流準備入り ことし後半から段階的に太平洋放出の可能性 タンク貯蔵済み分だけで、3.4ペタ(3400兆)ベクレル ―― AP通信がスクープ報道 / 「彼らは非公式の場では、トリチウムは放出する必要があると言っている」★ 「キュリオン」社が開発した「除去システム」を使わず、安上がりの海洋放流に出るつもりか? 沿岸漁民をはじめ、内外から猛批判・猛反発は必至! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 韓国・東大医学部のキム・イク・ジュン教授(Prof. Kim Ik-Jung, Medical College at Dongguk Univ.)は、国際学術誌PNS論文をもとに、「日本の70%が放射能に汚染されてしまった」と「アリラン」国際衛星放送の番組で指摘! ―― 「国土70%汚染、ということは、農産物・海産物の70%汚染を意味する」★ フクイチ死の灰は四国も、中国地方も、北海道も汚染していた! »

2016-04-13

〔再掲 フクシマ核惨事 広瀬隆さんが警告〕★ フクイチ・トリチウム 酸素と結合して「トリチウム水」という放射能の水になり、水蒸気となって東日本全域の空気中を漂っている! 「それがわれわれの体内に入って、自由に移動している」! ★ セシウム、プルトニウム、ストロンチウムだけではない! トリチウム水蒸気の脅威! わたしたちは容易ならざる状況に生きている!(あるいは死につつある?)

Img_e68d92ad69995a808b7c5c9452bded6 ★ こんな状態なのに、こんどはタンク貯蔵のトリチウム汚染水まで、太平洋に放流し始める……とは!

 フクイチ現場から大気中に噴出するトリチウム蒸気、そして地下水流入による汚染水そのもの化したトリチウムの海洋放流!

 「フクイチ発トリチウム地獄」はなんとしても回避しなければならない。

 

◎ 本ブログ既報
  ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/10/post-473a.html

 〔★は大沼〕 ◎ ダイヤモンド・オンライン 広瀬隆さん フクシマ原発からの放射能漏洩はトテツモナイ量に! 全く報道されない「トリチウム」の危険性  
 (2015年7月28日付け)⇒ http://diamond.jp/articles/-/75003

Posted by 大沼安史 at 11:42 午前 |