« 〔ガンバレ、池田まきさん! わが畏友、札幌在住 山本伸夫(フリーライター)が、北海道5区の現場からレポート〕◇ 「選挙出陣にはまったく似つかわしくない演説だった」 ―― 「それは池田まきさんが選挙の一候補としてではなく、一個の人間として新たな人生に踏み出す決意表明だった。それが、この日集まった支持者の多くを感動させた……」 | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目入り ◇ 「フクシマは住める場所ではないことを宣言すべきだ」「彼らは民衆を犠牲にすることを決めた……それは日本の特権層が犯した重大犯罪である」 ―― 「アジア・太平洋ジャーナル」電子版ぼ小出裕章さんのインタビュー英訳記事が、ネット・メディアにより、国際社会に拡散開始 / 「放射線管理区域」とされなければならない場所で、「1千万人以上(could exceed ten million)」が生活している恐れも! »

2016-04-15

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 東京都内の都営住宅の独り暮らしの女性(60代後半)から訴え 旭川「たんぽぽの会」などが訴えに応え、救援に乗り出し、女性を激励! ―― 某宗教団体の新聞購入依頼を断わる。その後、隣、真下から電磁波照射 「床が熱くなって、やけどするほど」 3日間、自宅を脱出して避難

 ★ 独り暮らしの女性によると、都営住宅の自宅への侵入被害にも遭っている。

 目撃者がいて、侵入者2人について確認もしている、という。(隣に住む外国人からカサなどで暴行を受け、警察へ訴えたが、取り上げてもらえず)

 ★ 女性によると、この都営住宅ではほかにも同じような被害者がいて、自宅への忍び込み被害も起きているそうだ。

 ★ この件に関して「たんぽぽの会」の水上さんのもとに、本日午前11時すぎ、「たんぽぽの会」に、「所轄の警察署」(の人間)から電話があった。

 水上さんが署の何課に属する何者か、名を名乗りさないと求め、電話を理由を聞くと、「落し物をされたのではないか、ということで電話した」という要領を得ない説明だったそうだ。
 (水上さんは、東京に行く・行かないは、これからだというのに、落し物するわけがないですか、と苦笑していた……)

 その署員もまた、某宗教団体に関係しているのだろうか?

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 旭川「たんぽぽの会」(水上英次さん 電話 080-6086-8014)

Posted by 大沼安史 at 10:37 午前 4.電磁波被曝問題 |