« 〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ 「太陽を連日遮るモヤのような異常な水蒸気雲は福島原発のトリチウム爆発が原因」 ―― 佐野千遙博士が再掲ブログで再警告、そして訴え / ことしも2月末から、「連日重いトリチウム水水蒸気が重い故に上空の雲と成らずに、地表に近い所で霧・モヤとなり、公式天気予報が快晴の日にも、太陽が白けて黄ばんでしまい、日光浴ができない日が連日続いています」 | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ 「ロイターも、サイエンティフィク・アメリカンも、ニューヨーク・タイムズも……われわれの主流メディアも、いよいよ、とうとう、認識し始めている。アベがオリンピックをゲットするために言ったこと(「状況はアンダーコントロールされている」)は、「商売の策略(marketing ploy)」だったことを」 ―― アーニー・グンダーセンさんが、米国のネットメディアを通じ、訪日して目の当たりにした「5年後の日本」の惨状を報告! »

2016-04-12

〔東海アマさんがツイッターで警告〕◇ みなさん「電磁波攻撃」というと「アタマがおかしい」と思ってる人が多いだろう だが実際には嫌がらせ目的で多種類が販売され売れまくっている

 ◎ アマさんのツイッター警告 ⇒ https://twitter.com/tokaiama/status/719634081168826368

          *

 ◎ 同ツイッターでは以下のような販売サイトが紹介されている。
    ⇒ http://yaplog.jp/gmuracomf/archive/2

Screenshot831_3 宣伝文にこうある。

          *

「隣近所の騒音、嫌がらせに遭い、話し合いをしても通じ相手は殆どいません。さらに嫌がらせがひどくなる例が多いです。そんな連中に電磁波を浴びせて出て行ってもらうか、静かにさせるしか方法はありません。それにはぴったりの照射機です」

          *

           *

 携帯電話程度の小型な機器を内蔵することによっていくらでも電波をターゲットにぶち当てることが可能です。

 それは「とても小型」であり…この中に電波を飛ばす装置が内蔵されています!

 隣のターゲットを家庭でも攻撃できます。

  人の動きを感知する「センサー」によって電磁波を撃つことが可能な装置です。

Posted by 大沼安史 at 10:03 午前 4.電磁波被曝問題 |