« 〔パナマ文書に、なんと…… SOKA GAKKAI, INC.〕 (関連) ◇ 米国の検索サイトYelpには、Soka Gakkai Internatl Inc というのが載っている。所在地は、カリフォルニア州ノース・ハリウッドだ。 Internatlとは、International(インターナショナルの略だろう)――、池田大作氏(創価学会名誉会長)が「会長」をつとめる「創価学会インターナショナル(SGI)」と、何か関係があるのだろうか? | トップページ | 〔報道アンダーコントロール〕◇ 「国境なき記者団(RSF)」 日本の「報道の自由度」、2015年の世界ランクを(11位下げ)72位にダウン評価! ◆「特定機密法」を問題視し、アベ政権が「フクイチ核惨事」を「特定秘密」に指定している、と批判! »

2016-04-21

〔熊本大地震〕◇ 米海兵隊オスプレイが震災被災地へ運んだ救援物資は、海自のヘリコプター搭載型護衛艦「ひゅうが」が、積載したものだった。海兵隊のオスプレイ、熊本沖の「ひゅうが」に着艦し、支援物資を積み込み、配送! ★ 「ひゅうが」は、ヘリ護衛艦だ。自分たちのヘリで、一刻も早く震災被災地に届けるのが筋だろうが! アベ政権、被災地救援より、「オスプレイ」PRパフォーマンスを優先の疑い!

Screenshot990

Screenshot989

 〔★は大沼〕  ◎ 在日海兵隊ツイッター 
   ⇒ https://twitter.com/mcipacpao/status/722702518078283776

          *

 ◇ 関連(本ブログ) 米海兵隊オスプレイ 震災地への救援物資輸送のかたわら、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦「ひゅうが」に(なぜか)着艦 / その着艦支援のために米海軍が水兵9人を「ひゅうが」に派遣 ―― 「星条旗」紙が報道 ★ 震災地救援だと聞いていたが、これはどういうことか? まさか、一刻を争う、この重大な状況のなかで、オスプレイの着艦訓練を? まさか、そんなこと、ありえないと思うが……?!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/04/post-6008.html

Posted by 大沼安史 at 05:49 午後 |