« 〔田中龍作ジャーナル〕◇ 国連人権理事会で「表現の自由」を担当しているデビッド・ケイ特別報告者(アメリカ・カリフォルニア大教授)が来日 「停波」発言の高市総務相に会ってみたい / 日本政府、昨年12月にいったん招請しておきながら、11月になってドタキャン ★ アベ政権とはなんという恥ずかしい政権なのだろう! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕【重大ニュース】◇ トリチウム汚染水、放流準備入り ことし後半から段階的に太平洋放出の可能性 タンク貯蔵済み分だけで、3.4ペタ(3400兆)ベクレル ―― AP通信がスクープ報道 / 「彼らは非公式の場では、トリチウムは放出する必要があると言っている」★ 「キュリオン」社が開発した「除去システム」を使わず、安上がりの海洋放流に出るつもりか? 沿岸漁民をはじめ、内外から猛批判・猛反発は必至! »

2016-04-13

〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 内部被曝した野生猿 洗脳される住民 被曝症と診断してクリニックの閉鎖に追い込まれた医師 ―― アーニー・グンダーセンさんが、米ケーブルTV番組で訪日レポート 

 ◇ 「わたしはフクシマの丘を登り、谷を越え、放射能に被曝したサルの群れを追った。サルの糞を測定すると、ひどく放射能の汚染されていた。イノシシもそうだった。山地全体が汚染されている」

 ◇ 「3週間続いた鼻血もストレスだと。人びとは洗脳されている(brainwashed)」

 ◇ 「ある医師は被曝症と診断するたびに、日本政府から診療報酬支払を拒否され、医院を続けることができなくなり、医院そのものも失う羽目になった」

          *          *          *

Screenshot847

          *

 ★ グンダーセンさんはフクシマで仮設住宅を訪れ、22人の女性たちから話を聴いたそうだ。

 代表格の女性は、髪の毛が脱毛し、鼻血が出たが、医者からストレスだから心配するな、と言われたことを打ち明けた。

 被曝ダメージなのにストレスと。

 グンダーセンさんはそのときもまた日本政府の「非人道性(this inhumanity)」を感じたそうだ。

 「日本政府と政府関係者は違った歌を歌っているが、データが示すものではない」と、グンダーセンさん。 

          *

 ★ フクシマとチェルノブイリの違いは、インターネットの有無(フクシマにはネットという味方があるの)だが、ネットがあるにもかかわらず、(ネットにアクセスできない)日本の人びとは「洗脳」にさらされている――と、グンダーセンは指摘する。

 人びとは、「3週間、鼻血が続いても、ストレス」と言われ、洗脳されている、と。

Screenshot846

 わたしが知る限り、「フクイチ核惨事」でグンダーセンさんが「洗脳」という言葉を使ったのは、今回がはじめてのことだ。

 被曝地をめぐって、日本政府などの「非人道性」に、よほど怒りを覚えたものとみられる。

          *

 ★ その「非人道性」を表す事例のひとつが、被曝症診断に対する診療報酬支払拒否である。

 自分の医院を失った医師は、「被曝」であると正しく診断したのだ。

 その診断のすべてが、支払い拒否されたそうだ。

          *

 ★ こういう被曝実例がある、とグンダーセンは語っている。

 ペットの犬を連れ、裸足で逃げ出し、自分で車を運転して避難した女性の事例だ。

 避難先の人はソックスを脱がせ、水で足を洗ってくれたが、被曝の影響で、彼女の足はその後、3年間、「黒い足」のままだったそうだ。

 この被曝奨励は、医学誌で取り上げられることもなかった。

          *

 ★ グンダーセンさんはまた、原発再稼働を進める安倍政権の下で、日本の原子力規制委員会から、原発はしっかり規制しなければならないと考えている人がみな、ここ6、7か月の間に放り出されている、とも語り、「客観的な規制はまったくなくなった(. Not objective at all.)」と厳しく批判している。

 
 〔★は大沼〕 ◎ Arnie Gundersen on CCTV- Nuclear Free Future: Fukushima at 5 and the Vermont Yankee Shutdown: What Do They Mean
 (5日付け)⇒ http://www.fairewinds.org/nuclear-energy-education//arnie-gundersen-on-cctv-nuclear-free-future-fukushima-at-5-and-the-vermont-yankee-shutdown-what-do-they-mean

 ・  I met in one of the resettlement areas and I met with 22 women who were there that day. There’s 66 of these small buildings. Think of almost about the size of a trailer, if not even smaller. And so one third of this little village came out to talk to us for 3 or 4 hours. The unofficial mayor of this group – a real dynamo of a woman – she experienced hair loss, bloody nose, speckles on her skin and the doctors told her it was stress and not to worry about it. That’s not stress. It was radiation damage. But again, that’s this inhumanity that I was experiencing. The government and the people associated with the government are singing one song, and it’s not what the data suggests.

 ・ Were it not for the internet, they would have won. (MH: Aha!) And I think the difference between the disaster at Fukushima and the disaster at Chernobyl and TMI is that now we have the internet. It still is an unlevel playing field. There’s still so much money on the other side of it that people are being brainwashed. Oh, that bloody nose you’ve had for the last 3 weeks is stress. So they are being brainwashed, but they do have – a lot of them who have access to the internet do have an alternative to counter whatever it is the Japanese government is throwing out there.

 ・  We had a doctor – Doctor Meti (?6:47) – who said that he had a thriving clinic, and whenever he treated somebody, he would put what the cause was. And if it was radiation, he put radiation on the treatment slip. And the Japanese government refused to pay him for any of the radiation illnesses that he was diagnosing. And he went out of business. He lost his clinic.

 ・ We had one woman who ran from her house to evacuate carrying her dog. About a day after the accident, they realized that she needed to be evacuated. And so she runs barefoot to her car, gets in her car, drives to the resettlement community. She’s highly radioactive. They make her – especially her feet – they make her take her socks off and take showers, wash her down before they let her in. And her feet were black for 3 years from radiation damage. And that’s not being spoken about in any of the medical journals.

 ・  So over the 5 years that it was running so far, it was reasonably objective and a pretty good watchdog. But in the last 6, 7 months, any of the people on that commission who really felt that nuclear plants should be properly regulated are being thrown off the commission and being replaced with people – actually, these guys have actually been paid by Tokyo Electric and now they’re on the board overseeing Tokyo Electric. Not objective at all.

Posted by 大沼安史 at 09:35 午前 |