« 〔川内原発の再稼働を許さない〕◇ 仏ルモンド紙が「九州での地震活動が原発への不安を掻き立ている」と報じた記事のなかで、熊本出身の高木博史さんが始めた「川内原発を止めてください」(チェンジ・オルグ 日英バイリンガル)キャンペーンを国際社会に紹介報道! ★ 報道後、賛同署名、一気に増加! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 太平洋・死の海化の脅威〕◇ 経産省が「海へ流すことが最も短期間で低コストで処分できる」との試算結果をまとめる。/ 海洋放出、最長7~8年で「処理」 最大でも45億円で「安上がり」 »

2016-04-19

〔川内原発はただちに停止せよ〕◇ おしどりマコさんの追及で判明 熊本大震災 長周期振動 原子力規制委員会評価上限 200カイン超えを観測 「16日1:25 宇城市松橋町 211.7カイン」 

 ★ マコさんは「長周期地震動は、震度が小さくても、構造物や配管、タンク(スロッシング現象等)に影響を及ぼす」と指摘している。

 川内原発をその「長周期振動」が襲っていた。

 配管などのダメージは?

          * 

Screenshot948

 ◇ 筆者(マコさん)が取材すると、長周期地震動の階級4は、気象庁では100カイン(cm/s)以上という判断である。

 では、具体的に、今回の熊本地震では、どの程度の長周期地震動が観測されたのか?

 気象庁に確認した。回答は下記である。

日時 観測地点 絶対速度応答スペクトル
(cm/s)(カイン)

15日0:03 宇城市松橋(まつばせ)町 108.8529
16日1:25 宇城市松橋町 211.7008
16日1:25 南阿蘇村中松 150.3663
16日1:25 熊本西区春日 139.7024

今回の熊本地震で、原子力規制庁で川内原発を再稼働の審査の中で、

 長周期地震動は200カインまでは議論していたが、それを超える211カインという長周期地震動が観測されていたのである。

 原子力規制委員会が、今日の臨時会見の中でも繰り替えしていた「技術的評価では安全」というのは、本当だろうか?

          *

 ◇ 「技術的・科学的な安全評価をしている」とする原子力規制委員会だが、 長周期地震動は200カインまでしか評価はしていない。

 しかし、今回の熊本地震において、200カインを超える地点が観測された。

 これはどう評価するのだろうか?

 配管やタンクのスロッシング現象などの評価はどうしているのだろうか?

 今も、取材は継続しており、回答待ちの状態である。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 熊本地震の長周期地震動は、川内原発の評価基準を超えていた!!
  ⇒ http://oshidori-makoken.com/?p=2199

Posted by 大沼安史 at 12:06 午後 |