« 〔BBCが全世界に拡散報道〕◇ 日本のマガジン(週刊文春)が、「ぬくぬく記者クラブ」を震撼させている! ことし(2016年)最初の3ヵ月間に、「6本」も大スクープを連発! 「週刊文春の40人の記者たちは、名誉棄損裁判の脅しがあってもブレーク・ストーリー(すっぱ抜き暴露)を止めない」 ★ 日本の「右向けホイ」報道のシンボル、「籾井NHK会長」のことも、好対照事例として国際社会に、ご紹介! | トップページ | 〔北海道の泊原発で異変が起きているのではないか〕◆ 「ホワイトフード」線量マップで、ついに「赤丸」(30日平均の2倍の空間線量)がついた! 川内原発近くでも「黄丸」(30日平均の1.5倍〜2倍未満の空間線量)―― ◆ 米国のNETC(核非常事態追跡センター)のマップでも、北海道・南九州で「赤(レベル3 高水準)」「茶(レベル4 懸念/監視)」も表示が。 »

2016-04-23

〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ 「ベント・システムに深刻な欠陥」―― 「3・11」核惨事の5年間に、フクイチと同型原発の「ベント」について、米国ミネソタ州の原発技術者たちから警告が出ていた! ◆ 内部告発するも、米原子力規制委(NRC)や電力会社、動かず! 制御室からの電動操作、あるいは作業員による手動操作よりも、自動的な(passive)なシステムに、と、「フクイチ」を目の当たりにした告発者が再警告! ★ 日本の再稼働原発は大丈夫か?

Screenshot1014

 ★ GEの沸騰水型原子炉の「ベント」に設計上、深刻な欠陥がある、と問題提起していたのは、ミネソタのモンティセロ原発の技術者たちだ。

 技術者たちは、米国の原子力規制委員会(NRC)にも通告していた。

 NRCが、この問題を日本側に伝えていなかったのだろうか?

 
 ★ ベントの問題は、「フクイチ」後、徹底検証されたのだろうか?

 水に流してしまわず、「フクイチ」の教訓として、安全対策のなかに取り込まなくてはならない。

 川内、高浜、伊方の再稼働原発(沸騰水型)の「ベント」は、どうなっているのだろう?

          *

 ★ 東京新聞によると、再稼働の沸騰水型原発について、日本の原子力規制委員会は「フクイチ」をうけた「新基準」で、「重大事故が起きることを前提に、フィルター付き排気(ベント)設備も義務づけた」が、「川内原発など加圧水型は、福島第一などの沸騰水型に比べて格納容器の容量が大きく、基準の施行から設置まで5年の猶予期間がある」――そうだ。

 「フィルター付き」は当然だとして、フクイチでのように電源を喪失、作業員も高線量で近づけない状態になったときの対応策――「パッシブ(自動)・ベント」化は採られているのだろうか?

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ニューヨーク・タイムズ U.S. Was Warned on Vents Before Failure at Japan’s Plant
 (2011年3月18日付け) ⇒ http://www.nytimes.com/2011/05/19/science/earth/19nuke.html?scp=1&sq=u.s.%20was%20warned%20on%20vents%20before%20failure%20at%20japans%20plants&st=cse&_r=0

 ・ Five years before the crucial emergency vents at the Fukushima Daiichi nuclear plant were disabled by an accident they were supposed to help handle, engineers at a reactor in Minnesota warned American regulators about that very problem.

 Anthony Sarrack, one of the two engineers, notified staff members at the Nuclear Regulatory Commission that the design of venting systems was seriously flawed at his reactor and others in the United States similar to the ones in Japan. He later left the industry in frustration because managers and regulators did not agree.

 ・ Mr. Sarrack, reached by telephone, said that his proposal was opposed by the operations department officials at his company, who wanted direct control over the reactor rather than employing automatic systems. He was working at the time at the nuclear plant in Monticello, on the Mississippi River near Minneapolis.

 He said he continued to believe that a passive system, like one using a rupture disk, would work better and could be set to rupture at a pressure just slightly less than the pressure at which the containment would rupture. In those cases, he said, venting is always preferable; the releases of radioactive materials during deliberate venting are expected to be lower than those resulting from explosions.

Posted by 大沼安史 at 11:58 午前 |