« 〔夕陽村舎日記〕◇ やはり……「あまのぬぼこ」だった。 | トップページ | 〔アベの政治を許さない〕◇ 「もしもあなた(アベ)が、戦争に匹敵する財政出動を求めているなら、それはそうじゃないですね」 ―― ノーベル経済学賞受賞のポール・クルーグマン教授が、安倍首相の「国際金融経済分析会合」での発言内容を、10日後に、議事録をネット公開! ★ アベの「戦争経済」志向(?)を蹴飛ばす! / 「輝かしい外交はわたしの専門ではありませんから」と、「オフレコだから」とコメントを迫るアベの「地球儀を俯瞰する外交」へのキツイ皮肉も! »

2016-04-05

〔中性子線照射・被曝攻撃を許してはならない〕◇ 米ミシガン州の男子高校生が、母親の園芸小屋に、独学で「原子炉(増殖炉)」をつくり、「中性子線銃(neutron gun)」を制作! 「中性子線銃」は アメリシウムを使用したものとラジウムを使用したものの2種類を制作! ―― 住民の通報をきっかけに、1995年に発覚。米環境保護局(EPA)が解体、除染に出動! ★ なんと 「中性子線銃」! 日本での「中性子線照射被曝被害」の凶器は、コレではないか!

 ★ 発覚時、18歳の高校生だった男性は、「中性子線銃」線源のアメリシウムを市販の煙感知器を買い集めて取り出し、ラジウム線源は古道具屋の古時計の針に塗られたの蛍光塗料から入手。

 ウラニウム、プルトニウムはチェコスロバキアから取り寄せていた。

          *

 ★ それにしても「中性子線銃」がこれほどかんたん(?)に作れるものとは……。

…………………………………………………………………………………………………………

…………………………………………………………………………………………………………

Screenshot734

          *

 ★ 山口県周南市や岡山県真庭市から報告されている「中性子線照射被害」(専用測定機で検出)が妄想の産物でもなんでもなく、現実的な脅威であることが、確証されたかたちだ。

 日本国内でも(おそらく)同様の「中性子線銃」が、何ものかによって、何らかの理由(たとえば人体照射実験)で密かに使われている可能性も急浮上したといえる。

 山口県周南市の元高専教官と真庭市の元岡山大学教官は、それぞれ工学者、物理学者である知識と経験があって「中性子線」を疑い、専用測定機で計測して被曝を確認できたが、「中性子線」と気づかず、集ストなどで被曝被害に遭っている人もいるかも知れない。

          *

 ★ 1995年6月、デトロイトの北、50キロ、ゴルフ・マーナーの住宅地にある園芸小屋に、完全装備のEPAチームが入り、「原子炉」および「中性子線銃」を解体・押収し、除染作業を行っていた事件があり、その全容が3年後、1998年11月に発行された米誌「ハーパーズ・マガジン」で報じられていた ――ことを、今ごろになって知った。

 高校生(当時)はデイヴィッド・ハーン(David Hahn)さん。

 10歳のとき、義理の祖父から化学の入門書をもらったことから、実験マニアとなり、「ボーイスカウト」の「イーグル・スカウト」になるため、17歳で「原子力」に独学で挑戦した。

 化学にのめりこんだおかげで、高校の数学や国語の読みのテストに落ちそうなったりしたこともある「化学少年」。

 最初は自宅の自室で実験を開始、部屋をメチャクチャにしたことで地下室で実験するよう命じられ、爆発事故があったことから、家から離れた「園芸小屋」にこもって研究開発を続けた。

 デイビッドさんが制作したのは、「中性子線銃」と「増殖炉」。

 完成に至るまでの詳細は、「ハーパーズ・マガジン」の詳細なレポートを読んでいただきたいが、わたし(大沼)が驚いたのは、とくに中性子を照射する「中性子線銃」が、鉛のケースに入れるなど、一定の知識があればかなりかんたんにつくれることだ。

 こうなると、より進んだ技術力と資金力があれば、かなり簡便に、この日本でも「中性子線銃」を制作できる――ことになる。

 わたしがコンタクトをとっている山口県周南市の工学者のA先生は、山口県警に証拠の「検知結果」をそろえ、再三訴えても取り上げてもらえず、苦しい被曝の毎日を送っているが、もしかりに「中性子線照射など、この日本で、あえりえない」などと思い込んでいるのであれば、考え直ししてもらいたい。

(ちなみに、わたしが仙台で高周波・低周波電磁波以外の「異様なもの」を体感し、苦しめられていたとき、「せいじょうは(清浄波?)」という、変な「言葉」をなんども耳にした。あれも中性子線攻撃だったかも知れない)

          *

 
 〔★は大沼〕 ◎ ハーパーズ The Radioactive Boy Scout When a teenager attempts to build a breeder reactor
 (1998年11月号)⇒
 http://harpers.org/archive/1998/11/the-radioactive-boy-scout/1/

          *

 ・ David Hahn taught himself to build a neutron gun. He figured out a way to dupe officials at the Nuclear Regulatory Commission into providing him with crucial information he needed in his attempt to build a breeder reactor, and then he obtained and purified radioactive elements such as radium and thorium.

 ・ David hadn’t hit on the idea to try to build a breeder reactor when he began his nuclear experiments at the age of fifteen, but in a step down that path, he was already determined to “irradiate anything” he could. To do that he had to build a “gun” that could bombard isotopes with neutrons. David wrote to a number of groups listed in his merit-badge pamphlet—the DOE, the Nuclear Regulatory Commission (NRC), the American Nuclear Society, the Edison Electric Institute, and the Atomic Industrial Forum, the nuclear-power industry’s trade group—in hopes of discovering how he might obtain, from both natural and commercial sources, the radioactive raw materials he needed to build his neutron gun and experiment with it. By writing up to twenty letters a day and claiming to be a physics instructor at Chippewa Valley High School, David says he obtained “tons” of information from those and other groups, though some of it was of only marginal value.

  ・ As it decays, americium-241 emits alpha rays composed of protons and neutrons. David put the lump of americium inside a hollow block of lead with a tiny hole pricked in one side so that alpha rays would stream out. In front of the lead block he placed a sheet of aluminum. Aluminum atoms absorb alpha rays and in the process kick out neutrons. Since neutrons have no charge, and thus cannot be measured by a Geiger counter, David had no way of knowing whether the gun was working until he recalled that paraffin throws off protons when hit by neutrons. David aimed the apparatus at some paraffin, and his Geiger counter registered what he assumed was a proton stream. His neutron gun, crude but effective, was ready.

・  At this point, David could have used his americium neutron gun to transform thorium-232 into fissionable uranium-233. But the americium he had was not capable of producing enough neutrons, so he began preparing radium for an improved irradiating gun.

His cute little americium gun was now a more powerful radium gun. David began to bombard his thorium and uranium powders in the hopes of producing at least some fissionable atoms.

David’s neutrons were too “fast” for the uranium).

Consulting his list of commercially available radioactive sources, he discovered that tritium, a radioactive material used to boost the power of nuclear weapons, is found in glow-in-the-dark gun and bow sights, which David promptly bought from sporting-goods stores and mail-order catalogues.

・ Now seventeen, David hit on the idea of building a model breeder reactor. He knew that without a critical pile of at least thirty pounds of enriched uranium he had no chance of initiating a sustained chain reaction, but he was determined to get as far as he could by trying to get his various radioisotopes to interact with one another.

  Ignoring any thought of safety, David took the highly radioactive radium and americium out of their respective lead casings and, after another round of filing and pulverizing, mixed those isotopes with beryllium and aluminum shavings, all of which he wrapped in aluminum foil. What were once the neutron sources for his guns became a makeshift “core” for his reactor. He surrounded this radioactive ball with a “blanket” composed of tiny foil-wrapped cubes of thorium ash and uranium powder, which were stacked in an alternating pattern with carbon cubes and tenuously held together with duct tape.
 

Posted by 大沼安史 at 03:47 午後 4.電磁波被曝問題 |