« 〔アベの政治を許さない〕◇ 「調査捕鯨」を「強行再開」したアベ政権に抗議する世界の反捕鯨・環境保護派にとって、「東京オリンピック」は日本政府に対して、抗議の「ハイジャック」を行い、「パーフェクト・ストーム」を巻き起こす、格好の場となるだろう! FBI代表として東京の米国大使館で15年過ごした(元)FBIスペシャル・エージェント、エド・ショーさんが警告! | トップページ | 〔米大統領選〕◇ フラッキング(水圧破砕)に反対する環境活動家1000人が9日、ニューヨーク州キングストンのミュージック・ホールで集まり、サンダースさんを支援する集会! 19日の同州予備選を前に、環境保護派がサンダースさんの「政治革命」に合流! »

2016-04-12

〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ Fallout from Fukushima: The Radioactive Exclusion Zone(フクイチからの死の灰 : 放射能立ち入り禁止ゾーンに入る)―― 米国のジャーナリスト、ティム・プールさんがフクイチ被曝地入りし、ユーチューブで報告

Screenshot836

Screenshot835

 ★ プールさんのクールなレポートが、被曝地の悲しみを浮き立たせている。

 東電・日本政府は、なんてことをしてしまったんだ!

 34万人以上が視聴している。

 日本政府の「フクイチ・ブラックアウト」は、日本国内では効いているかもしれないが、ネット=国際社会では真逆である。

          *

 2020年のオリンピック年が近づけば近づくほど、日本政府・東電に対する国際社会の批判・非難は強まることだろう。

 轟轟たる非難の嵐のなかで、ヒバクリンピックのファンファーレが、限りなく透明な、死の灰プルームのように、「新国立」の上に、響き渡ることだろう!

 風向きによっては、そのとき、フクイチ発のトリチウム水蒸気プルームが、真夏の観客席に、涼を届けることになろう。

          *

 ◎ 2015/11/09 に公開 Fallout from Fukushima: The Radioactive Exclusion

⇒ https://www.youtube.com/watch?v=KOymMXXiNeg#t=118

Posted by 大沼安史 at 12:49 午後 |