« 〔フクイチ核惨事 5周年〕◇ ≪ この5年、「国は国民を守ろうとはしない。」ということを実感する。国民同士を争わせる情報や政策をどんどんとしていく。これが先進国のやり方なのだろうか≫ ―― 酒井政秋さん〔原発被害糾弾 飯舘村民救済申立団事務局庶務 / かすかだりの会・会長〕 | トップページ | 〔フクイチ核惨事 5周年〕◇ 米国のNRC(原子力規制委)の7人のエンジニアが米国内のほぼ全ての原発の改善を求め、NRCに訴え! 電気のショートなどで「冷却システム」無能化の恐れ 修理しなければ廃炉に! ★ 日本の原発は米国式だから、川内・高浜など「再稼働原発」も同じような「設計上の欠陥( design flaw)」を抱えている可能性がある! 日本のメディアは確認を! 国会も動け! »

2016-03-07

〔フクイチ核惨事 5周年〕◇ 日本の原発産業、「フクシマの教訓」を無視 / 日本の原子力規制委は無能 / 高浜再稼働強行、次の核惨事を告げる「核の氷山(the atomic iceberg)」の一角 ―― フクイチ沖での海底汚染調査を続けている「グリーンピース・ドイツ」の核専門家、ショーン・バーニーさんが英紙(電子版)インデペンデントで、国際社会に告知

Screenshot459

 ★ 東京オリンピックの「新国立」の「聖火台」欠落問題など、次の核惨事を思えば、ゴミみたいな話だ。

 高浜や伊方、川内が事故を起こせば、日本は全滅する!

 日本政府(安倍政権)の劣化がひどい。

 判断力をなくしている。

 ショーン・バーニーさんは日本の原発再稼働について、「最後は安全ではなく金目だ(when it comes to nuclear safety the bottom line is not safety, but money.)」と指摘している。

 ひどい国になったものだ。
 
 安倍政権をゴミだしして、小出裕章さんに原子力規制委員会の委員長になってもらおう!

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 英インディペンデント : TEPCO Prosecution: A Sign That Japan’s Nuclear Industry Is in Free Fall(東電強制起訴: 日本の原発産業は、転落・落下中))
(4日付け)⇒ http://thediplomat.com/2016/03/tepco-prosecution-a-sign-that-japans-nuclear-industry-is-in-free-fall/

 ・ In fact, in the five years after the accident, Japan’s nuclear industry has not just failed to learn the lessons of the accident, it is still actively ignoring them.

 ・ Leaving aside the inherent risks of another severe nuclear accident, the new safety agency in Japan, the Nuclear Regulation Authority (NRA) is overwhelmed, incapable and inadequate.

 ・ These examples are the tip of the atomic iceberg that threatens the next nuclear disaster in Japan.

Posted by 大沼安史 at 05:05 午後 |