« 〔フクイチ核惨事 6年目に〕◇ 東京の水道水を通水したゼオライトを継続測定(ことし1月7日に開始) / 10回目、3月19日の10回目の通水後に、放射性セシウム 103.6Bq/kg! ついに「(3・11前)低レベル放射性廃棄物」水準に! ★ 東京都水道局は「より安全でおいしくなった東京タップウォーター」をPRしているのだが……!? | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目に〕◇ カリフォルニアの幼稚園児は、こんな絵を描いている! 日本の被曝地の幼稚園、小学校では、どんな絵が描かれていることだろう! »

2016-03-23

〔フクイチ核惨事 6年目に〕◇ フクイチ放射能で「1人も死んでいない」というが、日本の路上、大地の上で聴く話はまるで違う。被曝が原因と見られる病い、そして死……これが「カーテンの向こう側」にあるものだ! ―― 米国のジャーナリスト、ロバート・ハンツカー(Robert Hunziker)さんが「フクイチの放射能は殺人者〔キラー〕である(Fukushima Radiation: a Killer)」と、米誌「カウンターパンチ」を通じ、国際社会に警告報道! 

Screenshot600

 ★ ロス在住のハンツカーさんは、「フクイチ核惨事」を追い続けている人だ。

 今回のレポートでも、井戸川克隆さん(元双葉町長)、おしどいマコさんのインタビュー発言などをフォローし、「フクイチ隠蔽のカーテン」の向こう側にある真実に迫っている。

 「真っ赤なウソだ。福島から避難した多くの人びとが突然死している」(井戸川さん)

 「作業員が寝ながらそのまま亡くなるなど、報告されない突然死がある」(マコさん)

 ハンツカーさんはこうした証言を紹介しながら、東京オリンピックに向かおうとする日本政府(アベ政権)について、こう指摘している。

 放射能汚染食品のリスク、海水の毒化、周辺の街や村、地方への核毒の撒き散らし、人々の突然死などを考えれば、致死性の被曝リスクにきちんと向き合うのが政府の義務ではないか?――と。

          *

 ★ ハンツカーさんはつまり、日本政府の「見殺し政策」に対する怒りを表明しているのだ。

 アベ政権に、「フクイチ放射能キラー」による「放射能殺人」を隠蔽してはならないと要求しているのだ。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ カンターパンチ Fukushima Radiation: a Killer
  (22日付け ⇒ http://www.counterpunch.org/2016/03/22/fukushima-radiation-a-killer/

          *

・ But, people in the streets and on the ground in Japan tell a different story about the risks of radiation. They talk about illnesses and death. Maybe radiation illnesses and deaths are relegated to “behind the curtain” cover-ups because when one looks behind the curtain, an image of death and rampant illness is revealed, thus exposing the failure of a nation to come to grips with the brutal truth.

 ・ Still, when considering the risks of exporting toxic food, poisoning sea water, and spewing toxins into surrounding cities, villages, and countryside, and with people dropping dead, isn’t it incumbent upon the government to level with society about the risks of deathly radiation?

 ・ KI( Katsutaka Idogawa): This report is completely false. The report was made by a representative of Japan – Professor Hayano. Representing Japan, he lied to the whole world. When I was mayor, I knew many people who died from a heart attack, and then there were many people in Fukushima who died suddenly, even among young people. It’s a real shame that the authorities hide the truth from the whole world, from the UN. We need to admit that actually many people are dying. We are not allowed to say that, but TEPCO employees also are dying. But they keep mum about it.

 ・ Mako Oshidori : “I would like to talk about my interview of a nurse who used to work at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (NPP) after the accident… He quit his job with TEPCO in 2013, and that’s when I interviewed him… As of now, there are multiple NPP workers that have died, but only the ones who died on the job are reported publicly. Some of them have died suddenly while off work, for instance, during the weekend or in their sleep, but none of their deaths are reported).”

Posted by 大沼安史 at 05:48 午後 |