« 〔ホンデュラスの先住民女性活動家 ベルタ・カサレスさん(42歳) 3日未明 暗殺される〕◆ 中米最大のダム建設、森林伐採、鉱山開発に反対 プランテーション所有地主とも対決 / 自宅で射殺される 母親「間違いなくホンデュラス政府の仕業」 | トップページ | 〔東海アマさんのツイート またも凍結〕◇ 東海アマさんの反原発情報発信を、フクイチ5周年を前に、つぶそうという工作が入ったのだろうが、ひどすぎる! 野党議員は国会で追及を! »

2016-03-06

〔フクイチ核惨事 5周年〕◇ 菅直人首相(当時)が英紙のインタビューで、「SPEEDI、公表せず」を決めた自身(首相として)の「決定」について「遺憾(“regret” )」の意を表明、「結果として、いくつかの地域で、(人びとが)高線量に曝された」ことを認める!/ 強制起訴された東電の勝俣会長について法廷で、責任追及の証言をする用意がある、と言明! 

Screenshot444 ★ 「SPEEDI隠し」はやはり、政府の決定だった! 菅元首相が認める!

 菅氏は洗いざらい、表へ出すつもりでいる……そんな気がする。

 「3・11」では、政府内で、首相官邸をカヤの外に置く「裏対策本部」が、どこかの官庁の地下に設置されていた、というウワサがある。

 そうしたことを含め、菅さんは事実関係を暴露する気でいるのではないか?

 だから、勝俣氏の裁判に出廷する用意があると言ったのではないか?

 勝俣氏ら東電トリオを追及する裁判は、「フクイチ核惨事の全真相」と問うものにもなりそうだ。

          *

 ★ 菅直人さんはハラを括り、英紙テレグラフのインタビューに答えたようだ。

 東電の勝俣会長を追い詰める、どんな証言を――証拠を用意しているのだろう?

 菅さんはSPEEDIに関する不公表の決定は(首相としての)「彼の決定( his decision )」であることを認めた。

 「SPEEDI不開示」は当時の日本政府(菅政権)の決定だったことが確証された。

 この証言は、こんご(あるいはすでに提起されている)風下被曝被害を問う訴訟などに対して決定的な意味を持つものだ。

 菅直人氏は、この点でも法廷で証言する決意を固めているのではないか?

          *

 菅氏によると、事故当時、「東電から明確な情報はまったく届かなかった(“no clear information”)」という。

 経産省・原子力安全保安院の寺坂信昭院長も、菅氏に対して「明確な回答( clear responses)」を返さなかった。

 それどころか寺坂院長は、菅氏らが「原発のこと、知っているのか?」と聞いたら「知らない」と答え、「大学での専攻は経済学だった」と弁明したという。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ テレグラフ紙 Fukushima: Tokyo was on the brink of nuclear catastrophe, admits former prime minister(フクシマ:東京は核破局の瀬戸際にあった。元首相認める」
 (4日付け)⇒ http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/12184114/Fukushima-Tokyo-was-on-the-brink-of-nuclear-catastrophe-admits-former-prime-minister.html

          *

 
 ・ He admitted “regret” at his decision not to publish results from a computer system called Speedi, System for Prediction of Environmental Emergency Dose Information, which accurately forecast the spread of radioactivity around the plant and could have saved thousands of local residents from exposure.

 “As a result, some areas were exposed to high levels of radiation,” he said.

          *

 ・ Mr Kan expressed satisfaction at the charges brought last week against a senior Tepco manager and said he would testify against Mr Katsumata if asked.

          *

 ・ Mr Kan admitted he was frightened and said he got “no clear information” out of Tepco, the plant’s operator. He was “very shocked” by the performance of Nobuaki Terasaka, his own government’s key nuclear safety adviser. “We questioned him and he was unable to give clear responses,” he said.

 “We asked him – do you know anything about nuclear issues? And he said no, I majored in economics.”

Posted by 大沼安史 at 05:54 午後 |