« 〔アベ政治(アホノポリティクス)を許さない!〕◇ 3月10日 安倍内閣総理大臣記者会見での「ヨイショ・シャンシャン」ぶりも「見事」なものだったが、司会の「内閣広報官」の、この発言もすごい! ――「予定の時間を経過いたしましたので、皆様の御協力で記者会見を行うことができました」 | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ NHKは2011年3月12日の夜7時のニュースで、「日本の原発で初の炉心溶融」と伝えていた! ★ 炉心溶融をわかっていたなら、この時点でどうして安定ヨウ素剤の服用や、さらなる遠方避難を呼びかけなかったのだろう? »

2016-03-13

〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ 最初に爆発していたのは、実は「2号機」だった! 「衝撃波を伴った黒煙を噴出 炎も出ている!」 岩田清さんが画像解析で突き止める 2011年3月11日午後10時25分54秒時点  陸自ヘリ暗視カメラ撮影動画分析で確認 

 ★ 2号機については、米NRC(原子力委員会)で、「水蒸気爆発」があった、としている。

 3月15日の午前6時10分にあった「異音の発生」を、NRCは「水蒸気爆発」と判断していた!

          *

 ★ 今回の岩田清さんの分析で明らかになった新事実は、「3・11」当日の夜10時過ぎ段階で、早くも2号機で、小規模な「爆発」が起きていたことだ。

 これが呼び水になって15日早朝の(NRCの言う)「水蒸気爆発」という決定的な事態が起きた――と考えて間違いなさそうだ。

 「2号機・水蒸気爆発」については「続きを読む」を参照。

          *

 

 〔★は大沼〕 ◎ 岩田清さん解析動画 ⇒ http://yoshi-tex.com/Fuku1/110311/Jieitai/200msNNN-JieitaiL.gif

          *

Screenshot525

Screenshot526

          *

 ★ 2号機が1号機よりも先に、爆発を起こしていた!

 重大な真実が、またも岩田清さんによって明るみに引き出された。

 わたし(大沼)が「2号機」について思い出すのは、同年3月14日時点(米東部時間)での、米原子力規制員会(NRC)の「フクシマ議事録」の残された、以下の会話記録である。
 ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2012/03/post-3a82.html

 すこし長いが、再録する。

          *

 ジャック・グロブ氏 いま、「大音響」がしたと言ったね。どういうことなんだ?
JACK GROB: Hey,. guys, when you said "a loud sound", what did you interpret that as?

 トニー・ウルセス氏 私たち2人とも、1号機や3号機の爆発音と違うと思っている。単なる推測じゃないけど、(2号機)のコアがX-up(溶融?オシャカ?)したと思う。TONY ULSES: It was my, I think both of us believe that one of the sources, that it wouldn't -- it wasn't like the other two loud sounds with Unit 1 and 3 when the reactor building blew. You know, my guess is, and it's just, it's just pure conjecture, would be it was probably when the core went X-up.

 特定できない男性 そして容器の下の水に落ちた。小規模な水蒸気爆発を起こした……
[UNIDENTIFIED MAN:] And landing in the water under the vessel, it would have caused a little steam explosion.

 ジャック・グロブ氏 君は、前にもそう言っていたね。でも、容器から落下した水蒸気爆発なら、それってどういうこと? 〔(2号機の)格納容器だけど、そのとき内部の気圧が三気圧から一気圧になったということも聞いているんだけど。
JACK GROB: That, that's what I heard you say. But what you think is that that was a steam explosion from the fuel going X-vessel, and we heard that containment at that point in time went from three atmospheres to one atmosphere.

 ジム・トラップ氏 なるほど、そうか。
JIM TRAPP: That makes sense.

 トニー・ウルセス氏 そうだ。そういうことかも。
TONY ULSES: Yep. It would.

 ……

 ジャック・グロブ氏 2号機はとにかくひどいありさまだ。炉心の冷却がかなり長い間できなかったようだ。注水ポンプがいかれていた。そして数時間前、大きな爆発音を聞いた。ドライウエルの中からの爆発音のようだった。三気圧から一気圧に下がったのはその時だ(内部の空気圧だ)。これは格納容器が破れたことを明確に意味する。かなりの炉心溶融が起きている。そして、容器を飛び出した核燃料が、格納が破れる中で大音響を引き起こしたともおそらく言えるね。最後の確認情報がないだけだ。
JACK GROB: [...] Unit 2 is not in very good condition at all. It appears that core cooling has not existed for quite some time. It appears that the, the pumps that were injecting into the core have been deadheaded for some time. Several hours ago, there was a loud sound that appeared to come from inside the dry well, and at that time, the pressure inside primary containment went from three atmospheres to one atmosphere (essentially, atmospheric pressure). There is clear indication that primary containment is not intact, and there may also be indication that fuel, that there has been substantial core melt, and possibly even the loud sound in the breach of containment was caused by an X vessel fuel situation. That last bit of information cannot be confirmed at this time.

          *

 ★ 2号機について米政府はフクイチの爆発号機のなかでも、とくに「2号機」について重大視していたフシがある。

 わたしの手持ちの情報では、チュー・米エネルギー長官は2011年4月1日の記者団との朝食会で、

 「日本側からの情報で、2号機は最も重大なメルトダウンを起こした」と発言。

 朝食会終了後、慌てて取り消した事実ある。
  ⇒ 
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2011/04/post-f3c8.html
 Dr. Chu had said at the breakfast that there are "significant levels of radiation" in Reactor No. 3. Citing "Japanese information given to us," the secretary also said that Reactor No. 2 had experienced "the most significant meltdown," with "as high as 70% of the core ... damaged.")

 朝食会の発言は正式発言である。

 なぜ、いったん明言後、取り消したのか?

 日本政府側から指摘(抗議)を受け、フクイチ核惨事の矮小化工作(2号機では「爆発」はなかったとする「公式ストーリー」への整合工作)を行っただけのことなのか?

 ほかに2号機に注目が行ってはならない理由があったのか?

          *

 ★ いずれにせよ、フクイチ核惨事の連続爆発は、2号機から始まっていたことを明らかにした岩田さんの分析結果の持つ意味は大きい。

 日本政府がこの自衛隊ヘリ撮影動画をしっかり解析していれば、2号機への対応の仕方、住民避難の周知の仕方も変わったものになっていただろう。

 2号機・11日夜爆発を隠蔽(すくなくとも見落として)いた日本政府の無能・無責任ぶりは、こんご追及されねばならない。

 国会は第二事故調を早急に開くべきだ!

Posted by 大沼安史 at 11:31 午前 |