« 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 米NRC(原子力規制委員会)電気技術部のロイ・マシューズ部長代理ら7人の電気技師が、「民間人」の立場で、米国内ほぼ全ての原発(対策済みの1機を除く)の非常時冷却用電気系統の改修、もしくは運転停止を求め、異例の「請願(ペティション)」に踏み切る! / 「非常用交流電源のシングル・フェーズ(単相= single phase)の状態をモニターし、危機を回避する態勢になっていない」/ 冷却ポンプを動かせず、メルトダウンの恐れ! | トップページ | 〔「日本死ね!」保育所地獄のこの国の中央官庁街、「霞が関」には、なんと「庁舎内」に、素敵な保育所がある〕◇ その名も「かすみがせき保育室」! それも、「文部科学省のある中央合同庁舎7号館」の(そば、ではなくなくて)中に! ≪文部科学省職員はもちろんですが、定員の範囲内で中央省庁や関係機関、民間企業にお勤めのお子さまの入室も可能≫だそうだ! »

2016-03-26

〔ハイテク犯罪を許さない〕◇ 山口県周南市の工学者、A先生が本日(26日)、車で病院に出かけた車内で、心臓に異様な体感! この日に限って、いつもの車によるストーキング照射はなく、不審に思い、帰宅後、いつも座る後部座席を調べたところ、「不審なケーブル2本」(写真)を発見! 

Screenshot655 ★ 「白いケーブル」は左側の写真。

 右の計測器は高周波測定器で、A先生が車で外出の際、いつも座る後部さ咳では「ゼロ」に近い数値へ(なぜか)激減した(下の写真を参照)

Screenshot656

 

 ★ もしかしたら、「彼ら」はついにボロを出した、ということかも知れない。

 「決定的な証拠」が確認されるかもしれない!

          *

 A先生によると、後部座席に念のため電磁波測定機をあてたところ、そこだけがなぜか「ゼロ」に近い数値へ急低下した!

 この現象は、わたしも仙台市の自宅内で経験した!

 死んでしまいそうな、激烈な異様な体感が続いた際、高周波(A先生が使っているのはコレ)と低周波の電磁波測定機で測定したところ、なぜかその時だけ、「ゼロ」に近い数値を示した。

 どんな仕組みになっているのだろう?

          *

 ◎ ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/850c08a6eb5050be208a3aa81cc953e7

Posted by 大沼安史 at 05:54 午後 |